『Canon New FD Lenses』パンフレット



またまたカタログ系で恐縮デス。
『Canon New FD Lenses』はA4x9枚分(およそ縦63cmx横90cm)の大きさに開くことができる一枚もののパンフレット。
新しいレンズが加わるごとに不定期に刷り直されていたように思うが、その度にカメラ店から2部ずつもらってきて、1部は保存用として本棚に、1部は部屋の壁に貼って眺めていた。




1979年10月発行版
パンフレットを開くと、全レンズが一覧できる。左上のNew Fish-Eye 7.5mmF5.6の円周魚眼レンズに始まり、焦点距離の短い順、レンズの明るい順に並び、右下がFL1200mmF11となっていた。
最初は旧FDレンズも含まれていたのだが、年を減るごとにNewFDレンズにリプレースされていき、統一感が増していった。また、新しいレンズも少しずつ増え、買えもしないのに嬉しく思ったものだ。
左端には各レンズの特徴が端的に解説され、右端では焦点距離ごとのレンズ特性が解説されていた。




また、裏面には『よりコンパクトに。キヤノンNewFDレンズ。』『より使いやすく。キヤノンNewFDレンズ。』『理想のレンズへ、また一歩。キヤノンNewFDレンズ。』とNewFDレンズの特徴が細かく解説されていた。
あとは「キヤノンNewFDレンズ主要性能一覧表」という構成。




1980年9月発行版
この版はFD800mmF5.6(ケース込みで415,000円)とFD800mmF5.6L(同525,000円)の2種類が掲載されている貴重版(?)。次の1981年4月発行版ではNewFD800mmF5.6Lのみとなっている。
FD800mmF5.6Lは、当時FDレンズとして最も長く、憧れの1本。別にこれで何を撮りたいというのはなかったけれど(笑)。






1984年4月発行版
従来のものがA4サイズ9枚分の大きさだったものがA4サイズ8枚分(およそ縦60cmx横84cm)のサイズに変更されている。
ほとんどのレンズがNewFD化されており、エクステンダーを除いてNewFD化されていないのはTS35mmF2.8のみ。
なんといってもNewFD150-600mmF5.6L(930,000円)が目立つが、NewFD35-70mmF4AF(93,000円)、NewFD50-300mmF4.5L(335,000円)も見逃せない。
なお、このパンフレットのタイトルが『Canon FD Lenses』と「New」の文字が消え、スペックシートも「New」の文字を消している。正直なところ、混乱するだけ。『NewF-1』のボディに「F-1」としか書いていないのも同様。


この後も同パンフレットは改訂されているものと思うが、ワタシが持っているのはここまで。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン FD


コメントの投稿

非公開コメント

人違いを間違えてすみません

今日は先日は、失礼をいたしました。17日久しぶりに東京へ帰ってきました。お袋の墓参りをかねましてです。秋葉のカメラのキタムラによりましてキヤノンnewFD35~70mmF4AF4700円で、ゲットしました。税込価格です。此のレンズはかなりの珍品です。ちょとクモリありますが、
ジャンクではないです。

上さま
                         伊太郎

Re: 人違いを間違えてすみません

伊太郎さま

キヤノンnewFD35~70mmF4AFというと、newFD35~70mmF4に無理矢理AF機構を取り付けた白レンズ(笑)ですね!
そんなに売れなかったように記憶しているので、珍品でしょう!(笑)。ワタシはAFなしの New FD 35-70mm F4 を使ってました。

No title

晩上好(今晩は)竹千代さんへH15年ごろ日本橋のカメラのキムラで
委託品で、newFD800mm56LとnewFD150~600mm56Lの2本が、売りに出てました。800mmが税込14万円でズーム150~600mm
10万円でした。私は800mmが干しかったのですが、すぐ他の人に
売れてしまい150~600のズームを10万でゲットしましたが、600mmの4、5は持っていますので仕方なくだぶってしまうので秋葉のカメラのニッシンに、25万円で委託に出しましたらところ1周間ぐらいで売れる
事ができました。委託手数料3万円でしたが12万円もうかりました。今
思うと夢のような話です。

竹千代さんへ                    伊太郎
 追伸 Lレンズ7本持っています。


Re: No title

伊太郎さま

600mm F4.5も150-600mmもなかなかレアなレンズですね。特に150-600mmは形態も独特で面白いレンズですね。

ワタシはコレクションでレンズを買う趣味もなければ財力もないので、これからFDレンズを買うことはもうないと思いますが(笑)。

と言いつつ、EF 50mm F1.0L USM だけは実用性の低いコレクターズアイテムですが(笑)。

人口透析は患者の社会復帰を可能にした

今晩は竹千代さん。私し事ですが、人工透析者は日本国内で約30万人おります。私もその中の1人であります。1日置きの5時間の透析を
してます。2月で27年目の透析歴になりました。20代前半から腎臓が
悪く5回も入退院を繰り返ししました。此の15年間で腎不全で透析に
為る人より糖尿病で、透析に為る人の方が多く逆転してしまいました。
まあ糖尿病で人工透析に為る人は半分は自己責任ですね。年間の医
療費は500万かかります。98%は公費負担です。S47年に健保負担となりそれ以前は、金の切れ目が命の切れ目とも云われました。
今日も東京で臨時の外来透析をしております。
くだらない話で御免なさい。
竹千代どんへ。
  それば御免」なっせ。   伊太郎

Re: 人口透析は患者の社会復帰を可能にした

伊太郎さま

人工透析、大変ですね。とはいえ、本人や身内、知り合いにそのような人がいないので、リアルな大変さを知っているわけではありませんが。
プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ