GH1で2,240mm相当、試してみました!!

少し前、EF400mm F2.8L IS USMエクステンダー EF2X II 同1.4X II をかまし、マウントアダプターを介して Panasonic LUMIX GH1 に装着すると2,240mm相当になる旨をお伝えしている(「Max 2,240mm 相当にも! マウントアダプター到着!!」)が、マウントアダプターを買って間もないうちしか試す機会がないと思い、アホな試写をしてみた。

といって何を撮影するか考えたのだが、思いついたのが太陽。太陽は35mmフィルムカメラで撮影した場合、焦点距離の1/100の大きさでフィルムに写る。つまり100mmレンズなら1mm、1,000mmレンズなら1cmということだ。
なので400mm x 2X x 1.4X = 1,120mm レンズをEOS-1Ds Mark III に取り付けて太陽を撮影すると、撮像素子には11.2mm のサイズで写っている(はずだ)。GH1で撮影してもやっぱり11.2mm で写し込まれる(はずだ)が、撮像素子のサイズが各辺1/2 の長さなので、相対的に2倍の大きさに写ることになる。

そんなところで、EOS-1Ds Mark III を 1,120mm に装着して撮影したものをまず紹介。

 

左:ISO100、f8、+2絞り補正、 AE (1/3200sec.)。
右:ISO100、f8、+2/3絞り補正、 AE (1/125sec.)。


こちらは手ブレ補正が効くので風景を撮影するには安定したファインダー表示を確保できる。また、AFも一応可能だ。シャッタースピードが遅くなってもあまり手ブレを心配する必要はないので、低感度で撮影できる。
ただ、太陽を直視するのはキビシイ! 少し目をそらしてピント合わせをした。後で考えれば小絞りでプレビューボタンを押し込めば暗くなって見やすくなったのだろうが。



以下は1,120mmにマウントアダプター経由でGH1を装着し、撮影したもの。


 

 

 

太陽:ISO400、f8、+2絞り補正、 AE (1/1000-1/4000sec.)。
船:ISO400、f8、 AE (1/500sec.)。
人:ISO400、f8、 AE (1/400sec.)。


こちらはまさに日の出の瞬間を数枚撮影したもの。順番としてはGH1の方で先に撮影している。
さすがに2,240mm相当となると、太陽はバカでかく写る。もちろんノートリミング。
ただし2,240mmともなると、手ブレ補正が効かないとかなりファインダー上でブレるので、ピント合わせがしづらい。MFアシストで画面を拡大できるので便利だけれど、海から昇る太陽は水蒸気でピントが合わない。
ただ、太陽を撮影してもEVFは光量を調整して表示してくれるのでまぶしさは全くない。
太陽を撮影する場合はむしろシャッタースピードが1/4000秒でも間に合わないぐらいだが、風景を撮影するときはシャッタースピードが遅くなり、手ブレ補正が効かないのでISO感度をいくつにするかで悩んでしまう。この試写の前にISO感度による粒状性の実験を先にしておくべきだった。
実際のところ、三脚に載せていても1/500秒でブレている。もっとしっかりした三脚を使わないとダメか?



撮影して思ったのは、やはりEOS-1Ds Mark III で撮影する方が安心できるということ(当たり前か!)。
ただ、太陽そのものを撮影するなら、速いシャッタースピードが切れるし、まぶしくないGH1も悪くない。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : EOS-1Ds EF400mmF2.8L エクステンダー Panasonic GH1


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ