『The New F-1 World』



『The NewF-1 World』はNewF-1を買って愛用者カードを登録すると無料で送られてきた本。
背表紙付きの結構豪華な本で、176ページ。厚紙のケースに収められている。中身は次のような構成になっている。

1.New F-1 SYSTEM
2.New F-1 PHOTO GALLERY
3.New F-1 TECHNOLOGY
4.New F-1 PHOTO LIFE

これらの中で、かなりのページ数を割いているのが「New F-1 SYSTEM」と「New F-1 PHOTO GALLERY」。








「New F-1 SYSTEM」では、64ページにわたりNew F-1のシステムが解説されている。New F-1のコンセプトに始まり、撮影モードの変換、連続撮影システム、交換ファインダーシステム、フォーカシングスクリーンシステムなど、それぞれのシステムを豊富な作例つきでわかりやすく解説している。
いま読み返してみると、ファインダーやモータードライブの装着によってAEモードが追加されたり、フォーカシングスクリーンの交換によって測光方式が変わる(中央部スポット測光/中央部部分測光/中央部重点平均測光)というのは、アイデアとしてはユニークだけれども、あまり実用的ではなかったように思う。1つのカメラで絞り優先AEもシャッタースピード優先AFも使いたいとなれば、AEファインダーもAEモータードライブ(またはパワーワインダー)も用意しなければならない。最悪なのは測光方式を変えるためにはフォーカシングスクリーンを交換しなければならないことで、撮影現場で交換するのはかなり神経を使うことになり、結局はどれか1つしか使えないということになる。
その後発売されたT-90が単体で全てのAE方式を盛り込み、測光方式も全て備えていたのとは対照的。実際にどちらが便利かは言うまでもない。








話が少し逸れたが、「New F-1 PHOTO GALLERY」では75ページにわたり、プロの作例写真が掲載されている。
作者は日本人に限らず、ヨーロッパ各国、アメリカ、香港など、世界各国のプロの写真が取り上げられている。ただ、いずれも綺麗な写真ばかりなのだけれど、重厚な作風のものが多く、ワタシの好みの写真は少ないのが残念。






New F-1 TECHNOLOGYは24ページ。New F-1というカメラを実現させるための技術、精度などについて解説されている。
ファインダー/フォーカシングスクリーンとシャッターについて特に詳細に解説されている。






New F-1 PHOTO LIFEでは、普及活動の紹介。1984年ロスオリンピックをはじめ、各種スポーツイベントのオフィシャルサプライヤーになったことやキヤノンクラブ、フォトコンテストなどの紹介。この章はさらっと12ページ。

正直なところ、カメラ本体(New F-1)もこの本も、ワタシのフィーリングにはちょっと合わなかった。A-1の『SUPER SHOOTING MANUAL』がボロボロになるまで読んだのに対し、この『The New F-1 World』は綺麗なまま保存されている。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン NewF-1 A-1


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ