『フォトテクニックデジタル』2009年11月号

フォトテクニックデジタル 2009年 11月号 [雑誌]フォトテクニックデジタル 2009年 11月号 [雑誌]
(2009/10/20)
不明

商品詳細を見る



カメラ雑誌11月号の最後は『フォトテクニックデジタル』
毎月ポートレートにかなり重点を置いている誌面内容が好きなので、毎月チェックしているが、11月号は買わせていただいた。

理由は、特集「影を活かすポートレート撮影マニュアル」。特集の内容はポートレートのライティングそのもの。ただ、通常ポートレートでは明るく露出補正をかけるイメージがあるものの、この特集では敢えて影の部分を活かした、全体にやや暗めの作例が多かった。

もうひとつ面白かったのは「現地レポート 月面着陸40周年 ハッセルブラッド記念イベント」。これは他の雑誌では取材していないのではないだろうか。なにしろ開催地はアメリカのNASA。この不況のご時世に、よく編集部は旅費を出したものだ。そのためか4ページ枠でしっかりレポート。
このイベントはプレスやディーラーのほか、ユーザーでも参加できたようだが、ハッセルマニアなら参加したいイベントだったようで。
人類で最初に月に降り立ったアームストロング船長は有名だが、一緒に降り立ったバズ・オルドリン(Buzz Aldrin)氏がこのイベントにゲスト参加。参加者には同氏の著書『Magnificent Desolation : The Long Journey Home from the Moon』がサイン入りでプレゼントされたとか。さらには記念ステッカーも用意。アチラの方はこのようなイベントやプレゼント/お土産を考えるのが得意なようですなぁ。

さて、最初の方から順に見ていくと・・・。

「ローラ・チャン」by 尾形正茂。見開きのどアップがインパクト大ですなぁ。この写真はイイ。ただ、他の写真はカラーバランスがちょっとズレているような・・・。

「瓜生美咲」by 長野博文。沖縄で撮ったのか、そんな感じの海の色。全体的に、透明感があってすがすがしいデス。

「検証 EOS 7Dの真価」。割と他誌にありがちな常識的な企画(笑)。比較しているカメラはニコンD300/D300sEOS 50D40D5D Mark II。7Dへの乗り換え検討ユーザーが多いということで比較対象に40Dを加えたところがユーザー目線に立っていて好感が持てる。
評価項目は●AF、●AE、●AWB、●肌色再現、●高感度、●解像感という内容。
ちょっと問題に思ったのは肌色再現。注釈が書かれているが、撮影が午後3時半頃ということで、太陽光下での色味が変わっているとのこと。これではテストにならない。比較テストというものは他の条件を一定に揃えることが基本なのだから、撮り直しすべきだろう。そもそも屋外でその時刻に撮影するということ自体がおかしい。色温度が安定している時刻か、室内で一定のライティングで撮影するべきであろう。まぁでもモデル(伊藤結季チャン)が可愛いので許す(笑)。
どのみち、色の再現性というのは、カメラの設定によっていくらでも変えることができるので、比較することにどれほどの意味があるのかと思う。初心者向けでユーザーに夜設定ができないのであれば、その旨を明示していただきたいが、むしろユーザーが自分の好みの色調/階調を出すためのテクニックを紹介してほしいところだ。
そんなところで、細かい比較結果は本誌をご覧いただきたい。

「紅葉だけじゃない! 秋のベストショットはこう撮る!」。この企画の面白いところは、作例写真をベースに、作例写真と同様の写真を撮るためにはどのようなことに気をつけなければならないか、という視点で構成されていること。意外と参考になるかも。ワタシは風景撮影はあまりしないので実践する機会がないかもしれないけれど。

「瞬間の顔 VOL.3」by 山岸伸。ここでも山岸センセ登場。あちこちで見かけますな。好みの問題かもしれないが、やっぱり『CAPA』に掲載された作品がワタシ的には一番好き。

新製品レビュー。今月号で取り上げているのは、ライカM9ソニーα550ペンタックスK-xニコンD3s
リキが入っているのはM9。4ページ使っている上、うち2ページは見開きポートレート。ワタシにはライカの良さがわからないけれど、ライカの良さを主張していることはよくわかる(笑)。M9は歳をとってカネが余っていたら欲しいカメラ。
意外と面白そうなのがペンタックスK-x。100種類のカラーバリエーションを出したり、デジタルフィルターやクロスプロセスモードの搭載で、写真の加工が色々楽しめる。今ドキの写真好き女子に人気が出そうだ。ワタシは要らないけど。
D3sは1ページのみ。他誌をお読みクダサイ。

「よくわかるポートレートレッスン」。今回は「モノブロックストロボでポートレートを撮る」という内容。ただ、このようなストロボはアマチュアが買うには敷居が高いと思う。価格自体が高いし、室内でしか使えない。それでも敢えて買うべき理由をもっと全面に出してほしかった。「モノブロックストロボの使い方」というテーマであれば、わかりやすくてよい内容。


『フォトテクニックデジタル』はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : フォトテクニックデジタル 7D ハッセルブラッド


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ