パナソニックのマイクロフォーサーズカメラ/レンズ ファームウェアアップデート(2009.11.25)




スキーシリーズはまだ続くけれど、ちょっとカットイン。
『デジカメWatch』に次の記事が。

パナソニック、マイクロフォーサーズ用レンズの最新ファームウェア
パナソニック、「LUMIX DMC-GF1」の高感度画質などを改善

パナソニックは同社の全てのマイクロフォーサーズ用レンズのファームウェアをアップデートし、GF1についてもアップデートした。
レンズにおいては、全レンズで動画撮影時のAF性能を向上させたほか、一部レンズで FHDモード(フルHD動画記録)時のAFに対応 、動画撮影時の絞り駆動性能を向上。
GF1においては、動画撮影中のAF動作を向上、高感度撮影時の画質を向上、など。

私はGF1は所有していないが、7-14mmと14-140mmを所有しているので、早速アップデート。
また、GH1はバージョンが1.1だったので、この機会に1.2にアップデート。このアップデートでの改善点は次の通り。
●低コントラスト被写体でのオートフォーカス性能を改善。
●LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. 使用時の動画撮影中のオートフォーカス駆動音を低減。(動画撮影時、静音化を図るためレンズ駆動速度を遅くした。)
●LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.使用時の露出安定性を改善。

ダウンロードサイト:フォーサーズレンズ アップデート共同サービス | ダウンロード一覧

アップデートの方法は、ダウンロードしたファームウェアデータをSDカードにコピーし、カメラに入れて起動し、再生ボタンを押すとアップデートを促す画面になる。後は指示に従ってボタンを押せば完了する。
レンズのファームウェアアップデートをする場合は、当然のことながら、対象レンズをカメラに取り付けておき、上記操作を行なう。
私の場合は特に問題なくアップデートできた。


以前にも書いたが、デジカメ、レンズはハードウェアのみならず、ソフトウェア(ファームウェア)も重要になってきている。アップデートで性能が向上するので、見過ごすわけにはいかない。

以前のエントリー:デジタルカメラのファームウエアアップデート

ただ、パナソニックに苦言。今回のファームウェアアップデートについては『デジカメWatch』の記事で知ったのだが、本来、製品購入ユーザーにはいち早く知らせるべきではないか? 私は『LUMIX CLUB』に登録してあるので、パナソニックのキャンペーン情報などはガンガンメールで届くのに、今回のファームウェアアップデートについてはお知らせが来ていない。『LUMIX CLUB』のサイトはもちろん、パナソニックのサイトのトップにも記載がなく、『デジカメWatch』の記事がなければずっと見過ごすことになっていたかもしれない。

ちなみにキヤノンの場合は『Canon Image Gateway』に購入したデジカメを登録しておくと対応するファームウェアやソフトウェアのアップデートがあるとお知らせが来る。

【追記】今日(11月27日)、CLUB Panasonic 事務局より上記ファームウェアのアップデートに関する案内がメールで来た。デジカメWatchの記事より2日遅れ。“苦言” というのは言い過ぎと反省&謝罪。だが、「11月25日にアップデート可能になる予定」と事前にマスコミに情報を流して当日ユーザーにメールを流すのなら納得だけれど、アップデート可能になった時点でマスコミに情報を流し、2日後にユーザーにメールを流すのはやはり遅いと思う。マスコミと同時期であってしかるべきではないか、と思うけれど、そうは言うもののメールを出したということは評価したい。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : ファームウェア マイクロフォーサーズ Panasonic LUMIX


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ