バレーボールで高感度撮影

バレーボールネタでさらにひっぱりマス。今回は高感度での撮影について。
バレーボールは室内スポーツなので、当然のことながら照度が低く、さらに動きを止めるためにシャッタースピードを速く設定しなければならず、どうしてもISO感度を高感度に設定せざるを得ない。
11月29日のVプレミアリーグ パイオニアvsトヨタ車体の試合で撮影した写真の中から比較してみたい。


まずはISO感度を同じ(ISO1600)にして Panasonic LUMIX DMC-GH1 と Canon EOS-1D Mark III での比較。



 
GH1。1/100秒、f5.8、ISO1600。レンズは14-140mmで108mm(216mm相当)。




 
EOS-1D Mark III。1/500秒、f2.8、ISO1600。レンズは400mmF2.8L IS。

全体を縮小した画像ではどちらも綺麗に見えるが、ピクセル等倍に拡大すると差が出る。
画素数で勝るGH1の画像(1,200万画素)はコンパクトデジカメと同じようなカリっとしない塗り絵のような画像。
一方のEOS-1D Mark III の画像(1,010万画素)はこの感度でもまだまだ緻密。いずれの画像も厳密にはシャープではないけれど。



続いてEOS-1D Mark III でのISO感度の違いによる比較



 
EOS-1D Mark III。1/500秒、f2.8、ISO1600。レンズは400mmF2.8L IS。




 
EOS-1D Mark III。1/250秒、f2.8、ISO6400。レンズは400mmF2.8L IS + エクステンダー2x。

上の写真に比べてシャッター速度を1段下げているのは、有明コロシアムの照明がコートと周辺で差があるから。
上の写真(ISO1600)の顔のアップはピントが合っていないのだが、肌、髪、背景ともに滑らか。
下の写真(ISO6400)の顔のアップはたぶんピントが合っているとは思うが、エクステンダーによる解像度の低下と感度による解像度の低下がダブルで効いていると思われ、緻密な画像とは言えない。
時計の黒いベルトやウインドブレーカーの黒い袖も締まりのない黒。


こうしてみると、やはり感度を下げた写真の方が綺麗な画像が得られるという実に当たり前の結論が出た。
ただ、感度を下げるということはシャッタースピードを落とすということであり、それは手ブレのリスクが上昇することを意味する。
ワタシ的にはバレーボールの撮影では、レンズにもよるが、基本的には1/500秒が切れる最低感度を基準に感度を決めている。エクステンダーを装着すると1/500秒が切れない上に焦点距離が伸びるので、手ブレのリスクは大幅に上昇する。それを理解した上でテレコンを装着するか、テレコンを使用せずに後でトリミングするかという選択も考えるべきであろう。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : GH1 14-140mm EOS-1D 400mmF2.8L パイオニア 佐々木みき 栗原恵 冨永こよみ


コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも貴重な情報を実例付きで拝見させていただき、本当にありがとうございます。

とはいえ僕自身、そこまで高感度で撮影する機会もなければ、腕ももちろんないので、ごくごくたまにISO800で撮るのが精一杯ですw。 ですから、
画素数とかISO感度とか、そこで語られる数字により実際の結果がどう変わってくるとか、いまいち頭の中でシンクロさせることができません。

単純に「低ISOの方が画質がいい」という事実に対しても、「あえて高ISOの荒れた感じがいいんだよ・・・」という場合もあるわけでww。

あと、まったく別議論ですが、1D4から動画が撮れるようになるのですが、竹千代さんはバレー観戦時も活用されるおつもりですか? ぜひお聞かせいただければと思います。

No title

きたがわさん、コメントありがとうございます。

EOS-1D Mark II が登場してデジカメの報道写真の画質が一変しました。1Dに比べて画素数が向上し、高感度での画質がアップしたためです。アテネオリンピックからですが、感動しました。
そして北京オリンピックではニコンD3での写真がこれまた画質を一変させてしまったようです。屋外の写真ではそれほど違いがわかりませんが、室内競技の写真ではやはり違いが出ます。
“荒れた感じが良い”という場合は、画像処理ソフトでいくらでも加工できますが、きめの細かい画像にはすることができません。なので、撮影時になるべく高画質になるよう設定する必要があります。
なお、ISO100と400で画質の違いはありますが、ワタシは400で十分だと判断しているので、100や200で撮影することはありません。

ところで、1D4での動画ですが、暇つぶしに試してみるかもしれませんが、基本的に動画よりも静止画の方が好きデス。Casio EXILIM EX-F1でもLUMIX GH1でもフルHDで動画撮影が可能ですが、試してみたいと思ったことがありません(笑)。バレーボールの動画はテレビ番組を録画するに限ります(爆)。

No title

コメント返しありがとうございます。

たしかに、今度のバンクーバーで、1D4が大きな変化をもたらすことができるか楽しみですね!

ところで、実は僕もCasioEX-F1を持ってたりします(笑)。 デジカメウォッチかなんかで紹介された記事を見て、迷うことなく予約を入れました。メカオタにはたまらない逸品であり、逆に、これに食指が伸びないのはメカオタではないとさえ言い切れますww。

もちろん、他の機材と同様、友人とのゴルフで1回使ったっきりです(爆)。 ジャストインパクトの瞬間を撮れていたので感動しました。

最近は、次男の野球の試合に持ち出しています。 購入当初はSDカードもまだ高かったですが、今では16GBで最速のものでも1万円を切りますものね。

竹千代さんのブログに一方ならぬ親近感を覚えるのは、機材選びのポイントが酷似しているからかもしれません!!

No title

きたがわさん、コメント返し返し(?)ありがとうございます。

きたがわさんもEX-F1をお持ちですか! どこかのエントリーで書きましたが、デジタルカメラのエポックメーカーはQV-10とEX-F1でしょう! 両方カシオというところがカシオの発想力と製品化力に “あっぱれ!”を10個ぐらい差し上げたいところです。

それにしても、ワタシと機材選びのポイントが似ていると、お金がいくらあっても足りないのでは?(笑)
プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ