バドミントンで高感度撮影

ただいま、『第63回 平成21年度 全日本総合バドミントン選手権大会』を観戦しながら撮影中。
室内スポーツなので ISO感度を高く設定しないとブレブレの写真になってしまうので、ワタシは ISO3200や6400あたりで撮影している。それぞれどれぐらいの画質になるか見てみたい。


まずはISO3200で撮影したものから。モデルは前田美順選手。



(EOS-1D Mark III、EF400mmF2.8L IS USM。1/500秒、f2.8、ISO3200)




1,000x666ピクセルの範囲を切り出したものを500x333ピクセルに縮小したもの。




(EOS-1D Mark III、EF400mmF2.8L IS USM。1/500秒、f2.8、ISO3200)




1,000x666ピクセルの範囲を切り出したものを500x333ピクセルに縮小したもの。





続いてISO6400で撮影したもの。



(EOS-1D Mark III、EF400mmF2.8L IS USM + Extender EF2x II。1/250秒、f5.6、ISO6400)




1,000x666ピクセルの範囲を切り出したものを500x333ピクセルに縮小したもの。




(EOS-1D Mark III、EF400mmF2.8L IS USM + Extender EF1.4x II。1/500秒、f4、ISO6400)




1,000x666ピクセルの範囲を切り出したものを500x333ピクセルに縮小したもの。



ISO3200の写真は髪の毛やまつ毛、あるいは顔の産毛まで解像している。背景のボケも粒子が比較的目立たずキレイ。
一方、ISO6400の写真は髪の毛一本一本が粒子に埋もれてはっきりとはわからず、べったりした感じ。背景のボケも粒子が目立つ。
そんなわけで、室内スポーツであってもなるべくISO感度を下げて撮影したいのだが、感度を下げると手ブレのリスクが増大する。
特にエクステンダー(テレコンバーター)を使用する時は、焦点距離が伸びるのでシャッタースピードを速くしたいところだが、実際は1段ないし2段下げざるを得ない。なかなか痛し痒しというところ。

もうすぐEOS-1D Mark IV が発売されるが、超高感度での画質に期待したい。ISO12800で Mark III の ISO3200 レベルの画質だと嬉しいのだが。


なお、『第63回 平成21年度 全日本総合バドミントン選手権大会』の観戦記は別ブログで:

2009.12.05 『第63回 平成21年度 全日本総合バドミントン選手権大会』(準決勝)

2009.12.04 『第63回 平成21年度 全日本総合バドミントン選手権大会』

2009.12.03 『第63回 平成21年度 全日本総合バドミントン選手権大会』
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : EOS-1D 400mmF2.8L バドミントン 前田美順


コメントの投稿

非公開コメント

No title

竹千代さん、今回も実写例付きの解説、どうもありがとうございます!

たしかに、ISO3200と6400では、明らかに解像度がことなりますね。 ノイズもかなり違います。

無論、機械的に撮れることと、仕上がりを楽しめる、というのはまったく別問題と思いますが、撮影者が選択できる幅が増える方がいいですね。

竹千代さんはすでにIVは予約されたのですよね?

仰せの通り、高ISOでどこまで「仕上がりを楽しめる」幅が広がるか。 また実写例付きで解説お待ちしておりますw!!

No title

きたがわさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

「IV」の件に関しましては、「ノーコメント」とさせていただきます。といっても、答えを言っているようなものですが(笑)。

それにしても、EOS-1Ds(初代)のときはISO1000でもザラザラでメチャクチャなカラーだったことを思えば、画素数も含めてデジタルカメラの画質の進化はすごいですね。
プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ