バドミントンラケット『YONEX GR-619』



バドミントンラケットを購入した。

これまでバドミントンの試合を見てきて、純粋にバドミントンが面白そうに思えたのと、真面目にバドミントンを習って写真を撮ると、これまでと何か変わるかどうかを比較してみたく思ったから。

そんなワケで買ったのが『YONEX GR-619』(1,998円/中国製)前田美順使用モデルを買うという選択肢もなくはなかったのだが(笑)、ど素人が高いラケットを買っても宝の持ち腐れでございます。
このラケットはスポーツデポで購入したのだが、そこのお店の担当者はYONEXのガット張りの研修を受けた人で、6,000円ぐらいのものを推薦してくれたのだが、カラーが好みでなかったので、あえて安いこれを購入。6,000円ぐらいのモデルはカーボンのフレーム/シャフトだが、購入したものはアルミフレーム/スチールシャフト。少し上手くなったら上級モデルを検討しよう。
ちなみに2本セットで980円というものもあったのだが、「レジャー用」ということで、さすがにそれはやめておいた。ついでに、YONEXを選んだのは「YONEX OPEN JAPAN」を主催してワタシを楽しませてくれたことに敬意を表して。2,000円弱のものを買っても、あまり同社の売上に貢献はしないけれど、まぁ気持ちということで。


このモデルはフレームとシャフトはアルミT型ジョイントで接合されており、これははるか昔、YONEXが開発したものと店員さんが解説してくれた。もっとも上級モデルでは使われていないようだけれど。


一緒にシャトルコックも購入。『IGNIO』ブランドのプラスチックシャトル(4個入りで200円/台湾製)と水鳥のシャトル(3個入りで390円/中国製)。これからバドミントンを始めるなら、プラスチックで十分なのだろうが、水鳥のものとどう違うのか知りたくて、両方購入。


 

並べて見ると、大きさは違うし、重さも違うようだ。また、水鳥のほうは色々な向きで宙に上げてもコルクが下を向いて落ちるのに対し、プラスチックのほうはコルク部分に重量が偏っていないので、色々な向きで落ちる。飛び方も変わるような気がするが、こんなので皆さん練習しているのだろうか?


とりあえず、年明けから3月一杯まで、このアイテムでバドミントンを習おうと思う。
スポンサーサイト

テーマ : スポーツ全般
ジャンル : スポーツ

tag : バドミントン ヨネックス


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ