2010年の元旦は『キヤノンEOS-1D Mark IV』から!



このブログをご覧いただいているオヒマな皆々様、明けましておめでとうございます。
今年もヒマつぶしに見に来ていただければ幸いでゴザイマス。





さて、昨日の予告通り、2010年の第1発は発表とほぼ同時に予約した「EOS-1D Mark IV」。実は12月28日に到着していたのだが、まだ表面を撫でた程度なので「 Mark III」 との違いを感じることができない。今後ぼちぼちレポートしたい。

とはいえ、「Mark III」 との外観上の違いは微妙にあった。もちろん、「Mark IV」のプレートは一番の違いではあるが(笑)。
そんなわけで、まずは外観上の違いを見ていきたい。



 

1.まずは「EOS-1」のロゴの位置。動画撮影用マイク穴が加わったために、ロゴが数ミリ上に上がっている。
(左:EOS-1D Mark IV、右:EOS-1D Mark III。以下同じ)


 

2.縦位置グリップの背面に空けられたスピーカー穴。


 

3.リモコン端子の位置およびカバーの形状。
4.HDMI 端子の追加およびそれによるボディの膨らみ。
5.拡張システム端子カバー(カメラ本体から離れなくなった)。




写真右のEOS-1D Mark IVでは、コネクタ脱落防止パーツを取り付けている。このパーツは「Mark III 」には付属していなかったもの。


こんなところで、違いはヒジョーに地味(笑)。ぱっと見は全く違いがワカリマセン。「Mark II 」と「Mark III 」では、ペンタ部のデザインが大きく変わったので、一目見て違いがわかったのだが。「Mark IV 」ユーザーにとっては違いをアピールできなくて残念かも(笑)。
本当は液晶モニタも23万ドットから92万ドットの3.0型クリアビュー液晶 II になっていて、比較すると違いは大きいが、他人が遠目に見て違いはわからないだろうから、今回は取り上げない(笑)。

もちろん、外観を含め、スイッチ類や操作性に変更がない保守的なところは、プロ機に求められるところ。ムービーを搭載しながらほとんど外観が変更されていないのはよくやったというところ。

第1回目のレポートはこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : EOS-1D


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ