キヤノンが海外で『EF70-200mm F2.8L IS II USM』を発表!




今日のネタに困っていたら、キヤノン『EF70-200mm F2.8L IS II USM』正式発表の情報が!!!


Digital Photography Review(海外サイト)Canon releases EF 70-200mm F2.8 L IS II USM lens

デジカメinfo(日本語翻訳紹介サイト)キヤノンが海外でEF70-200mm F2.8L IS II USMを正式に発表


詳細は上記サイトをご覧いただきたいが、
・従来レンズ:UDレンズx4枚 → 新レンズ:蛍石:1枚、UDレンズx5枚
・従来レンズ:手ぶれ補正効果 約3段分 → 新レンズ:同 約4段分
・従来レンズ:最短撮影距離1.4m → 新レンズ:同 1.2m

さらに「ハイスピードCPUと最適化されたAFアルゴリズム、リングUSMの組み合わせで、より高速でより静かなAFを実現」となっている。

フィルター径は77mmのままで、重量も20gの増加にとどまっているので、従来レンズに比べて製品としてあらゆる面で優れているようだ。
ただし、価格は発表されていないようで、現在の希望小売価格¥280,000(ケース・フード付き、税別)よりもいったいいくら高くなるかが気になるところ。また、発売時期も発表されていないようだ。

なかなか魅力的なレンズのようなので、多くのキヤノンユーザーが色めき立つことは想像に難くない。従来レンズを所有するユーザーの多くが買い替えに走ることだろう。すると従来レンズの中古価格も下がるのは間違いないから、従来レンズを買えなかったユーザーもこれまた色めき立つだろう。

とはいえ、ワタシは従来レンズを所有しているが、そのレンズについてはこれといって不満がない。
新レンズでは最短撮影距離が短縮されたことに、実用上の優位点を感じるが、新レンズが極端に優れているというようにも思えないので、価格がいくらであれ買い替えは控えると思う。

キヤノンさんに苦言を呈するとすれば、今回のようにマイナーチェンジをする場合は、どこか明確な違いが外観上、遠目にもわかるようにすべきだ。せっかく買い替えたユーザーが見栄を張れないじゃないか!(笑)

フードは新設計のものが用意されるようだが、それが唯一の明確な新旧レンズの外観上の違いとなるのだろうか? 
もしそのフードが従来レンズでも取り付けられるなら、フードだけ交換して、「なんちゃって II 型レンズ」を楽しむ見栄ユーザーが出没するかも(笑)。


追記:

その後日本のキヤノンのHPで発売時期、価格などを含めた公式発表が出た。発売時期は2010年3月上旬、価格は300,000円(税別)。

キヤノンのニュースリリース:キヤノンがEOSシリーズ用の高性能望遠ズームレンズを発売“EF70-200mm F2.8L IS II USM”
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン EF70-200mmF2.8L


コメントの投稿

非公開コメント

No title

ついにⅡ型が発表されましたね!
しかしⅠ型も十分な性能ですので買い替えには至らないような気がします。
デジタル一眼カメラの進化はかなり大きなものであると思いますが、
こう言ったレンズ系はなかなかその変化を感じるのは難しいですね!

No title

ゼクさん、こんにちは!
たしかにカメラは高画質化、高感度化など、進化がわかりやすいですが、レンズは進化が地味ですね。
70-200mm F2.8L IS はすでに3段の手ぶれ補正が入っているので、1段分の差では違いがあまり出ないかもしれません。
24-70mm F2.8L に IS がついたら、これはもう「買い」でしょうけれど。
でも、70-200mm F2.8L IS II も、キッチリ比較すれば I 型との差が明確に出たりして(笑)。
プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ