バドミントンに代用しています。Reebok『I3 Playoff DMX Mid』





ちょっと変わったところでシューズを紹介。これはReebok社のバスケットボールシューズ『I3 Playoff DMX Mid』
Reebokの契約選手/Allen Iverson(アレン・アイバーソン)のシグネチャーモデルの1足。
「I」はアイバーソンのイニシャル、「3」はアイバーソンの背番号。そのプレイオフゲーム用モデルというところか。
「DMX」はReebok社のクッショニングシステム。ミッドソールとアウトソールの間に空気の入ったパックが入っており、体重がかかとからつま先に移動するのに合わせて空気が移動する。

ちなみにアイバーソンのシグネチャーモデルとしては、1997年の『Question』、1998年の『Answer DMX10』、以降、『Answer II』『Answer III』、『Answer IV』、『Answer V』、そして2003年の『Answer VI』へと続く。ワタシが知っているのはそこまで。その後のモデル展開は存じ上げない。ネットを見ると『Answer 13』までは行っているようだが。


シグネチャーモデルだけあって、あちこちに「I3」のロゴが。最初の写真のくるぶし部分は当然として、タン(ベロ)にも「Iverson」「I3」のロゴ。


かかとにも 「I3」のロゴが3連発。


アウトソール真ん中にも「I3」ロゴ。また、黒い縞の部分にも1文字ずつ I・v・e・r・s・o・n の文字。


見逃してしまいそうだが、なんとシューレース(靴ひも)の先っちょにも。


ところで、このシューズの素材は天然皮革。Reebok社はシンセティックレザー(合成皮革)の製品ばかり作っているので天然皮革のものは珍しい。ただ、メインテナンスを怠ると、カビが全体を覆ってしまうが(笑)。
それよりも気に入っているのが、内側のパッド部分。ここの表面は合皮のように思うが、肌触りが抜群によく、またパッドのクッションが抜群。 この部分がこのシューズでは一番気に入っている。


ちなみにこのシューズを取り上げたのは、バドミントンの練習にこれを使い始めたから。
本当はバドミントンシューズのほうが軽くていいのだろうが、始めたばかりなので、これでいいかと。ミッドカットのバッシュなので、安定性は抜群である。
スポンサーサイト

テーマ : スポーツ全般
ジャンル : スポーツ

tag : バドミントン リーボック アイバーソン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ