『COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)』2010年02月号

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]
(2010/01/09)
不明

商品詳細を見る



「R+(レビュープラス)」からまたまた献本いただいた『COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)』。ありがたく頂戴しつつ、それはそれとして率直なコメントをさせていただきたい。

ご存知ない方のために、まずは本誌の概要について。『COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)』はフランスのクオリティマガジン『クーリエ・アンテルナショナル』との提携により、世界各国の1,500を超えるメディアの中から記事を選び、翻訳・編集して紹介している雑誌。
日本の他の雑誌が報道しないようなトピックを記事にしていたり、あるいは全く違った視点から記事を作っているところが、いい刺激になる。また、写真やイラストが外国の雑誌の雰囲気であることもイイ。

さて、2月号。まずは表紙に目が行く。アマゾンの画像では白い表紙に青い文字というシンプルすぎるデザインに見えるが、実際は電源マークとその下に『WHAT'S NEXT?』という文字がマットインク(?)で刷られているようだ。この手の処理は『MdN』とか『DTP WORLD』のようなDTP系の雑誌ではたまにやっているのを見受けるが、この手の雑誌では見たことがない。普通の印刷よりもコストがかかると思うが、そのチャレンジ精神には拍手。




記事内容と全然関係ないところからスタートしたけれども、今回の特集は「ツイッター、iPhone、キンドル、そして・・・ 次の、ITライフ。」。次の10のトピックを取り上げている。
1.街で気になる情報は、すべてレンズ越しの世界で手に入る
2.番組の録画は必要なし 次世代テレビは “検索” で!
3.音楽との “出会い系サイト” が自分の好きな曲を教えてくれる
4.クラウド化する世界ではゲーム機もソフトもいらない
5.シリーズの続きはその場で購入 ほんの電子化で読書量が増える
6.新たな政治家やビジネスも「バイラル・ループ」が創る
7.天才ジョブズなきアップルが世界を変えられるか?
8.マイクロソフトが本意で挑むスマートフォンを超えるモノ
9.グーグルの次なる戦略とは? スイスの極秘ラボから見た未来
10.量産される “つぶやき” の分析がツイッターに巨万の富を生む
タイトルを見れば、どのアイテム/サービスのことを言っているのかわかるものもあれば、そうでないものもある。だが、いずれも IT 業界において、“いま” 起きていることから、“すぐ近い将来” 起きるであろうこと、またそれがわれわれの生活スタイルを変えるであろうことを取り上げていて、非常に興味深い。トピックによって1ページから4ページと様々だが、それぞれしっかりした取材をベースにレポートされているのが特徴。
この手の話題はワタシ的には非常に好きなのだが、最近の IT にはだんだんついていけなくなってきており、この特集も読んでいてちょっとツライ部分もあったのは事実だが(笑)。
(ただ、アップルのトピックの中の “拡張スロット” のくだりについては、事実とは違う、あるいは記者の主張を伝えるために強引に細かい事実をくっつけているようなところを感じた。この記事では初代マッキントッシュから現在に至るまで、ジョブズは製品に拡張性を持たせていないというふうに読めるが、実際にそんなことはないし、また、iPhone では記者の言う “密閉された完璧なもの” という例外を破ったとあるが、それがアプリケーションソフトのことであることはちょっとピント外れ。)


「未来を変える世界の科学者10人」。これはなかなかユニークな研究に関する実現可能性を紹介する記事。具体的には、
・柔らかくて強い防弾素材の開発
・洪水に耐えるコメの開発
・切断された手足の再生
・くっつきにくいチューインガムの開発
・放射性廃棄物の貯蔵時間を短縮
など、卑近なものから壮大なものまで。それぞれの研究がどのような意義を持つのかなどを解説している。また、その研究が実用になるまでの期間が記されており、まだまだ先という研究もあるが、もうすぐ実現という研究もあり、少しワクワクするものがある。


「注目されなかったが、じつは・・・ 2010年を決める「10大ニュース」」
・地球温暖化で「北極海航路」が開通
・インド・中国間にホットラインが開設
・活動家暗殺に「チェチェン大統領関与」の声
など10項目。
それぞれの記事を読んでみて、ワタシは「ふ~ん」という程度。3年後、5年後、10年後に振り返ってみて、これら10大ニュースが影響を及ぼしていたかどうかを『COURRiER Japon』誌には検証してもらいたいところだ。


「世界が見たNIPPON」。いつも楽しみにしているのがこのコーナー。
「日本航空を低迷させた現況は過保護な支援を続けた日本政府だ」
「日本の隠れた中堅企業は世界シェアを独占し続けるか」
「日本の歴史教育でわかった近代史は「触らぬ神に祟りなし」」
「「フランスの教科書」に抗議!? 韓国の文化振興に水を差す日本」
「富山の “パキスタン村” から日本の移民政策を考えてみた」
「“アンチ自民党” 鳩山政権下で新時代の「日米同盟」が生まれる」
いずれも他誌では見ることのできない内容の記事ばかり。日本航空の記事では第三者らしく日本政府のアクションに対して客観的に辛辣な批評をしているが、当事者(日本政府)としては、なかなか舵取りは難しいだろうと思う。
日本の近代史の記事は、確かに自分が高校生の時は日本史の授業は昭和までいかなかったなぁ、と思い出させてくれた。


「ミシェルとバラク 二人が語る「結婚生活17年」」。オバマ大統領夫妻の結婚から現在までを夫婦関係(特にミシェル夫人のオバマ大統領に対する接し方の変化)という視点でダイジェストにまとめた6ページ。選挙戦の舞台裏を覗くような感じのレポートとなっていて、なかなか読みごたえがある。


「WORLD NEWS HEADLINE」。ここは世界各国の記事を網羅しているのだが、なかでも「NYタイムズ記者の “タリバン拘束記”」がなんといっても読みごたえがある。書籍の執筆のためにアフガニスタンに訪れた記者が、タリバン側の言い分も聞くためにタリバンの指導者に取材を申し込もうとしたところ、拘束されてしまったのだが、そのときのことを生々しくレポートしているのがこの記事。臨場感の伝わる内容で面白い。



このほかにも面白い記事が沢山あり、全部読むのは相変わらずシンドイ(笑)。今月号はこのへんで。

スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

tag : クーリエ・ジャポン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ