『CAPA』2010年02月号

CAPA ( キャパ ) 2010年 02月号 [雑誌]CAPA ( キャパ ) 2010年 02月号 [雑誌]
(2010/01/20)
不明

商品詳細を見る



つづいて『CAPA』2010年02月号。

まず表紙。今月は女優の芦名星(あしな せい)さん。普段『CAPA』の表紙を飾るモデルさんよりもやや大人だが、ワタシ的には好み(笑)。『CAPA』の読者の年齢層は幅広くなってきているはずだから、ワタシ的には芦名さんと同年代のタレントをもっと起用してホシイ。

巻頭特集「冬を最高に写す一眼の力」。ワタシ的にはタイトルがキライ(笑)。それはともかく、内容はプロの作例に始まり、“冬撮りのカメラ機能” として “HDR”、“ホワイトバランス”、“高感度”、“レンズ”、“手ブレ補正” を取り上げ解説している。“ホワイトバランス” については確かに冬場は注意すべきだが、後は冬に限ることでもないように思うが・・・。ワタシ的にはスルー企画。


「2010年カメラ予報」。最近はWEBでいろいろな情報が飛び交っていて、デマもあるけれども正しい情報も入ってくる。その情報からすると、この「予報」はずれているところがあり、「予報」というよりも「希望」という感もある。
ちなみにキヤノンに関しては、5コマ/秒で45点測距のフルサイズ機「EOS-3D」(30万円くらい)とアートフィルターやシーン選択プログラムオートなどを備えた「Kiss M」(9万円くらい)を予想。レンズは50mm F2 マクロと大口径望遠レンズ群の一新。
「EOS-3D」のウワサはネット上でも出ているが、ワタシ的にはあり得ないだろうと思っている。それを出したらEOS-1Ds Mark III が売れなくなるでしょうが! あと1~2年後に5D Mark III として出るならわかるけれど。
ほかにニコン、ペンタックス、ソニー、オリンパス、パナソニックについてそれぞれ「予報」している。どれだけ当たるかどうかわからないが、どうぞ読んでみてクダサイ。


「ワイヤレスで快適写真生活」。ここではPCから無線LANでプリントすることの解説に限定していてカメラで撮影したデータを無線でPCに送るということは含まれておらず、残念。


「カッコいい流れる写真をモノにする!」。クルマ、スポーツ、鉄道、人物、動物・鳥でそれぞれ解説されていて、表現方法の一つとして面白い。ただ、ワタシ的には流しすぎや流し不足と感じるイマイチな作例がアリ。クルマの流し撮りは当たり前の表現手法だが、人物の流し撮りは結構オモシロイ。じっくり静止した写真も悪くないが、動感を出してみるのもいいですな。


「キヤノン EOS-1D Mark IV ISO102400 この超高感度は第2のデジタル革命だ!!」。EOS-1D Mark IV、EOS 5D Mark II、EOS 7D での比較写真では、EOS-1D Mark IV の画質が一番よくてワタシは嬉しかったのだが、『NEUTRALDAY』というサイトの記事:「Canon EOS 1D Mark IV vs. Nikon D3s: ISO Comparison」では5D Mark II のほうが 1D Mark IV よりも綺麗で、実際はどうなのよ?
それはさておき、作例としてフィギュアスケート(安藤美姫選手)、シマフクロウの写真が掲載。


「EOS 7D が魅せる 銀の妖精の華麗な世界」。フィギュアスケートの浅田真央選手を中心に掲載しているのだが、ちょっとイマイチ。ピントがいまいちカキッときていなかったり、指先が画面から切れていたり。トリプルアクセルを捉えた連続写真は7枚掲載されているが、これだけをみるとシングルアクセルに見えてしまう(笑)。極めつけは見開きの大きな写真。「一瞬のわずかな表情の変化もEOS 7D は見逃さなかった」とカッコいいコピーが入っているが、顔にピントはきておらず不鮮明。これらをみると、7Dは「フィギュアスケートのようなスポーツには向かない」という印象を受けてしまう(ワタシは別の原因だと思うが)。


馬場信幸氏の「シンク・アウト」。今回はまたまた「縦位置グリップの持ちやすさ」。槍玉に挙げられているのがオリンパスE-30とキヤノン 7D の縦位置グリップ。今月号の EOS 7D の広告が(本体の)グリップデザインの良さをPRしているだけに笑える。本体のグリップデザインの良さを謳うなら、縦位置グリップも同じデザインにしろよ!てなところ。
馬場氏の主張は過去何度も同コーナーで主張していることで、面白みに欠ける。カメラ本体と縦位置グリップの断面形状を書き出したところだけ新しいけれど、あまり大したことではない。
縦位置グリップを装着した状態でカメラを三脚に取り付ける場合についても論じているが、高倍率ズームレンズを装着した場合に三脚との設置面が3cm程度では不足すると馬場氏は認めている。そしてこの場合、縦位置グリップを外して三脚にカメラを装着すべきだ、というのが馬場氏の主張だ。理由は縦位置でのグリップ感を優先したいということと、カメラに縦位置グリップを取り付けた状態で三脚に取り付けると、剛性の点で劣るということを挙げている。だが、現実的にはわざわざ三脚に取り付けるために縦位置グリップを外すユーザーはいないだろうし、また縦位置グリップ取り付け時の剛性を高めるようメーカーに主張すればいいことで、ちょっと方向性が間違っているように思える。


「キヤノンEF100mm F2.8L マクロ IS USM ポートレートで使いたいマクロレンズ登場」。土屋勝義氏が 5D Mark II と7D でポートレート作例を5点掲載。撮影距離を気にせずどアップの写真も撮れるし、手ぶれ補正機構があるので夜でも安心してポートレートが撮れるというのは確かにイイ。まぁ、ご参考に。


最後に・・・先月号で「CAPAレンズ大賞」のノミネートレンズが掲載されていたが、どーして今月号では大賞決定の記事がないの???


今月の『CAPA』はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : CAPA


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ