ただいま、ルームシューズです。『アディダス スーパースター2』


またまたネタ切れでクツの紹介でございます。アディダスのスーパースター2。

アディダス『スーパースター』は遥か昔、ワタシが中学生のときにはすでに販売されていたが、バスケ部の1年先輩が3年生になったとき、これを購入し履いていた。
ちなみにワタシの中学校時代のバスケ部は1年生がオニツカタイガー(現アシックス)『ファブレCA-L』(キャンバスのハイカットタイプ)、2年生になると『ファブレBL-S』(ベロアレザーのローカット)の赤(チームユニフォームが赤だった)となり、3年生が引退すると2年生は自分の好きなシューズを買うという伝統(?)があった。
ワタシは『BL-S』のあと、ベアーという会社のハイカットモデルを履いた後、スーパースターのハイカットモデルである『プロモデル』を購入。当時15,500円! ちなみに『スーパースター』は13,500円だった。
購入して2日目ぐらいで他校との練習試合があったのだが、『プロモデル』の足型がワタシの足に合わず、大変痛くてツライ思いをしたことを記憶している(笑)。足幅が細い上、土踏まず部分が大きく盛り上がっていて、それが当たって痛かったのだ。

その後、はるか年月が経ち、数年前に『スーパースター』の復刻版を購入した。もちろん、街履き用。これはそれほど足に合わないことはなく、今でも履いている。最近これの踵(かかと)部分の内側がボロボロになってきたので、同じものをもう1足買おうと思ったら、どこにも売っていなくて、仕方なく買ったのが『SS II(スーパースター2)』。8,000円ちょっとだった。


トウキャップ部分はオリジナルの『スーパースター』と同じ。それ以前のバッシュはつま先部分が弱く、爪が当たった部分に穴が空いたりしたようだが、さすがにラバーのトウキャップでは空くことがアリマセン。 


アウトソール。これを単にヘリンボーンソールという向きも多いが、当時アディダスでは「スーパーパフォーマンスソール」と大層な名称をつけていた。
グリップ力は悪くなかったが、ヘリンボーン柄が細いため、踏ん張る部分が結構早くすり減ったように記憶している。


『スーパースター』と変わったのがベロと踵まわりのクッションパッド。ベロのパッドは足の甲への当たりもよく、見かけがバルキーであること以外は文句ないが、踵まわりのほうはこれがあるため踵の引っかかりが弱く、歩くと私の足ではすっぽ抜けそうになるのだ。
ただ、アッパー裏のライニングとともにパッドの肌触りは非常に感触がよく、裸足で履くとすごく気持ちイイ。

そんなワケで、いずれは街履きデビューさせるつもりだが、現状はルームシューズと化している(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ