ナイロンシャトルを追加購入。YONEX『MAVIS 2000(M-2000P)』



ナイロンシャトルを購入。YONEX『MAVIS 2000(M-2000P)』というモデル(6個入り1,575円)。




ワタシはバドミントンを始めるにあたり、水鳥シャトル(写真右)3個とナイロンシャトル(写真左)4個をラケットともに購入した。
ナイロンシャトルは下手なワタシが変な打ち方をしても問題ないものの、コルク台にあたる頭の部分が小さくて軽いようだ。なので頭が下を向いて落ちない場合も多く、はね上げの練習が上手くいかない(単にワタシが下手なだけ?)。
一方で水鳥シャトルの方は下手に打たなければ綺麗に頭を下にして落ちてくれるのだが、下手な打ち方をするワタシでは羽をボロボロにしてしまう。

そんなワケで、きちんとしたコルクを使用したナイロンシャトルを購入するに至った次第。

ショップでは他社製品もあったが、スカートがオレンジやイエローだったのがイヤで、普通の色のこれをチョイス。
YONEX では他に安いタイプも出しているようだが、ワタシが購入したショップではこのモデルのみだった。


ケースの側面にはこの製品の特徴である「ウィングリブ構造」が紹介されている。それにより水鳥シャトルの飛行に近づけたとしている。

また、ナイロンでも気温により4種類のバージョンがあるようで、ワタシのは12-23℃用。夏場の暑いときには違うバージョンを使わないと飛びが変わるのだろうか。水鳥シャトルでは7種類もバージョンがあるようで(いずれもYONEXの場合)。バドミントンは繊細ですなぁ。

ケースのキャップには「検定合格証 (財)日本バドミントン協会」とあるので、品質は優れているのだろう。
だが、同協会の認定する「第1種検定合格球」、「第2種検定合格球」はそれぞれ使用できる大会に規定があるのでわかりやすいが、ただの「検定合格球」には何か使用規定があるのかな?


実際に少しはね上げ練習をしてみたが、他の2種類とも違うようなカンジ。まぁ、ワタシがシャトルの飛びを語るのは100年ほど早いと思うが(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

tag : バドミントン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ