『日本カメラ』2010年03月号

日本カメラ 2010年 03月号 [雑誌]日本カメラ 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/20)
不明

商品詳細を見る


カメラ雑誌3冊目は『日本カメラ』

ワタシ的一番興味深かったのが「決定版! マイクロフォーサーズ機で楽しむこだわりレンズ選び」。パナソニックのマイクロフォーサーズレンズ3本をはじめとして、フォーサーズ用シグマの30mmF1.4、ライカDズミルックス25mmF1.4、そしてオリンパスのF2大口径ズーム2本を紹介。オリンパスのF2大口径ズーム2本(ズイコーデジタル ED 14-35mmF2.0 SWD同35-100mmF2.0)はワタシ的には注目レンズ。
続いて大竹省二氏のインタビュー。
そしてティルト・シフトアダプターやCマウントアダプター、コンタックスGアダプターを紹介。ワタシの注目は樋野製作所のティルト・シフトアダプター(試作品/3月発売予定)。フォーサーズ用レンズ対応でAFも可能。4万円以下ということだが、これが発売されれば、オリンパスのズイコーデジタル 35mm F3.5 Macro あたりを装着すれば、なかなか使い勝手の良いテーブルフォト用レンズシステムができそうだ。
そんなこんなでマイクロフォーサーズ機をマウントアダプターで楽しみたい向きにはオススメ記事。ご一読を!

「キャノン EOS KIss X4」。あえて「キャノン」と書いたが、当然、本当は「キヤノン」。このページの担当者は新人か? と難癖をつけはしたが、7ページとそれなりに大きく扱っている。内容的には当たり触りのないというか、ありふれた記事(失礼!)。

「オリンパス PEN Lite E-PL1」。こちらも7ページ。こちらも内容はごくフツー。

「広角ニッコールレンズ2本をフルサイズニコンで試す」。レンズは発表されたばかりのAF-S NIKKOR 16-35mm F4G ED VR AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED。ワタシはキヤノンユーザーなので、これらを買うことはないけれど、ニコンユーザーとしては実写性能を早く知りたいところだろう。それに応えた企画。テスターのレポートは大いに参考になると思うが、作例写真はそれぞれ1枚ずつでちょっと不満。この手のアコガレの高級レンズに関しては、いっそそれぞれ4ページとか6ページぐらい、チカラを入れてレポートしたほうが、売上が上がるのでは?(笑)。

「なぜデジタル一眼 “レフ”なのか?」。マイクロフォーサーズ(あるいは大型センサーを搭載したコンパクト機)が台頭してきている現在、もう一度デジタル一眼レフを見直そうという企画。構造的な部分と、実際の製品展開とをまぜこぜにしているところがあり、不満は残るが、このなかの構造と歴史のパートではマイクロフォーサーズ機がブラックアウトすることについて解説されており、なぜ自分のGH1 はシャッター音が大きいのかが分かったことは収穫。

「テストレポート」。いつもやっているテストレポートの今回は パナソニックLUMIX DMC-GF1。レンズは G 20mm F1.7G VARIO 7-14mm F4。技術的なレポートは参考にしたい人には参考になるだろうが、そのあとのメーカーインタビューは過去にどこかの雑誌かなにかでインタビューされたような内容のことばかり。もう少し違った内容を聞き出してほしかった。

「プラザ2010」。色々なフォトコンテストの入賞作品を紹介するコーナーだが、「第5回 昭和シェル石油 環境フォト・コンテスト「わたしのまちの○と×」」の企画自体がちょっと面白かった。○と×の二元論で片付けられるほど環境問題は簡単ではないと思うけれど、普通のコンテストと視点が違っている点が秀逸。


『日本カメラ』はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : 日本カメラ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ