Panasonic G10 は日本未発売? 8mm魚眼は夏発売!

パナソニックが今日(3月9日)、LUMIX DMC-G2 の関係者向け発表会を有明のパナソニックセンター東京で開催したようだが、その内容がデジカメWatch の記事に詳しい。

デジカメWatch の記事:パナソニック、「LUMIX DMC-G2」の発表会を開催

これによると、G2 は4月28日に発売されるとのことだが、海外で同時発表された G10 は日本での発売予定にはなっていないという。

このイベントでのプレゼンテーションでは、2010年2月の販売数量に置いて(パナソニックだけではない)マイクロフォーサーズのシェアが17%になっており、パナソニックでは2010年度の自社シェアをコンパクト、レンズ交換式デジタルカメラのそれぞれで20%を目標としているとのこと。
実現不可能な数字とは思わないが、それならなおさら G10 を発売すべきだったのではないかと思わなくもない。

今回発表された G2(とG10)の目玉機能はタッチパネル操作だ。これはある意味EVFを否定した操作体系と言えなくもないが、EVF がオプションの GF1 にこの機能がついていたら、合理的な構成であるように思う。なので、日本では G10 は見送っておいて、GF1 の次の機種でタッチパネル操作を採用し、さらに低価格を実現するというシナリオかな?(ワタシの推測)。

プレゼンテーションの話に戻ると、一眼レフを買わない理由(たぶん)の回答結果の順位は
1位 価格が高い(83.8%)
2位 重い(53.0%)
3位 大きい(49.3%)
4位 操作が難しそう(34.8%)
5位 どの機種を買っていいか分からない(27.8%)

だったようだが、2位と3位についてはマイクロフォーサーズの登場で解決できたとしている。ま、それは否定しないが、4位の「操作が難しそう」に対し「かんたん」を追求すれば、今後さらにユーザーを広げられる、としている。それも否定はしないが、1位の「価格が高い」を解決したほうがはるかにユーザーを広げられるんじゃないの!? と突っ込みたくなった(笑)。


ところで、昨年からアナウンスされていた新しい交換レンズの発売時期も決定したようで、「8mm F3.5 Fisheye」を2010年夏に、「14mm F2.5」のパンケーキレンズと「HD 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S」を2010年秋にそれぞれ発売するとのこと。ワタシ的には他の2本はともかく、8mm魚眼だけは今すぐにでも欲しいレンズだっただけに、夏まで待たなければならないのは残念。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : Panasonic LUMIX G2 G10 マイクロフォーサーズ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ