『カメラマン』2010年04月号

カメラマン 2010年 04月号 [雑誌]カメラマン 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/03/20)
不明

商品詳細を見る


3月20日のVプレミアリーグ鈴鹿大会のレポートが間に合いそうにないので、代わりに『カメラマン』4月号のコメントを。

『CP+2010』は開催が3月11日~14日の開催ということで、3月19日店頭に並ぶ4月号には掲載されないかと思っていたが、『カメラマン』『日本カメラ』には速報が掲載されていた。かなりタイトなスケジュールだったと思うが、編集部の努力に拍手! 実際、この手の速報はウェブで開催初日の翌日にはアップされているため、以前ほどの価値はなくなったとは思う。だが、6ページにわたりメーカーごとに要領よくブースと新商品が紹介されており、自分が見逃した商品をチェックするのによい。もちろん、『CP+2010』に行けなかった人にはより有益だろう。

続いて「新製品実写速報」。ここで取り上げられているのはペンタックス 645Dパナソニック LUMIX DMC-G2の2機種。まぁ他誌もこの2機種は大きく取り上げているが。それぞれ見開き2ページずつで紹介しているが、もう少し詳しくレポートしてほしかった気がするものの、製品の○×を端的にまとめているのは分かりやすくて良い。

「24人のジャンル別プロが教える撮影の鉄則!」。71ページにもなるこの特集は、12カテゴリー/40テーマにわたり、プロカメラマンが見開きページ1単位で自分の機材や撮影スタイルを紹介している。風景、ポートレート、動物、昆虫、スポーツ、モータースポーツ、鉄道、テーブルフォト、スナップ、飛行機、神社仏閣、照明写真のカテゴリー。ジャンルが多岐にわたるので自分の興味のない分野もあるが、それぞれカメラマンの機材やノウハウを知ることができ、参考になるかも。ワタシ的には結婚式のパートが参考になりマシタ。当分撮影することはないだろうけれど。

「テクニカルライター入門 画質評価の基礎知識」。ここでは「カメラ専門用語の解説と、テクニカルライターがどうやって評価しているのかを追求していきます!」とある。
大きく「ボディ編」と「レンズ編」に分かれており、「ボディ編」では「解像度・解像感」「色の評価」「色飽和」「ノイズ」「モアレ」「スミア&ブルーミング」「ダイナミックレンジ」について解説。「レンズ編」では「コマ収差」「歪曲収差」「周辺光量の低下」「色収差」「ボケ味」「画面周辺の流れ」について解説している。一般にはこのコーナーを読めばある程度の知識が得られると思うが、若干疑問に思う点もいくつかあった。
「解像度」ではレンズの解像度とパソコンに取り込んだ画像の「画像解像度」を一緒くたにしているようだが、レンズの「解像度」は「単位距離あたり何本までの線を区別することができるか」であり、「画像解像度」は「単位距離あたりいくつの画素が入っているか」であり、これらは結構意味が違うように思うがどうだろう?
「レンズ編」では色々な収差や画像低下の要因が羅列されているが、体系化された表現ではない。個々の説明は伝わるとは思うが、このコーナーの主旨からすれば、やはり体系的な解説にしたほうが良かったように思う。
また、作例写真は全体的に分かりづらいものが多く、極端に収差が出ているものをもっと使ったほうが良かったのではないか?

「魚住誠一のHOT GRAPH!!」。今月は仲間リサさん(表紙も)。ウィルスバスター2010のCMモデルだそうで。写真そのものは綺麗ながら平凡に感じましたが、「CMでは見られないような彼女の違う一面」の表現としては成功していると思う。

「どっちのレンズショー」。今回は「キヤノンEF70-200mmF2.8L IS II vs ライバル」となかなかタイムリーなアイテム選定。ちなみにライバルはEF70-200mmF2.8L IS、EF70-200mmF4L IS、シグマAPO 70-200mmF2.8 II EX DG MACRO HSM、タムロンSP AF 70-200mmF/2.8 Di LD [IF] MACRO Model A001。結果は予想通りの内容だったが、詳細は本誌をドウゾ。ワタシ的には方落ちで安くなるであろうEF70-200mmF2.8L IS の 旧モデルが IS 内蔵でコストパフォーマンスが高いような気がするが。

「キミオの開発者、出てこいっ! 怒評讃否」。今回は「すぐに形の変わるバッテリー」。これはまさにその通りの内容。もちろん、電池にも技術改良があるだろうから、どこかの時点で変更することは仕方がない。だが、機種ごとに電池の形状が変更されて、さらに充電器も変わるとなると、かなり面倒だ。ワタシはデジカメの充電池はどの機種でもスペアを購入しているが、新機種に買い換えたらスペアも新たに買わなければならないし、従来機の充電池はお払い箱となってしまう。なので、ワタシの部屋には使わなくなった充電池がいっぱいある。
単三電池のような共通企画で各社発売してくれないものかと思ってしまう。


『カメラマン』4月号はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : カメラマン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ