ナイロンシャトル YONEX『MAVIS 2000』をさらに追加購入。



ナイロンシャトル YONEX『MAVIS 2000(M-2000P)』をさらに追加購入(鈴鹿ベルシティ内のスポーツオーソリティーで購入/6個入り1,575円)。

自宅でちまちま練習する分にはもともと購入していた6個で十分なのだが、体育館でサービスの練習をするとなると、6個では効率が悪い。ということで追加購入し、昨日、実際に練習してきた。12個のシャトルはちょうどいい数量。まぁ、買って良かったなぁと。


ところで。

ワタシはバドミントンをはじめたばかりの初心者で、水鳥の羽根で打ち合ったことは1度もないので勝手なことは言えないのだけれど、使い捨てとなる水鳥の羽根はいつまで使われ続けるのだろうか?
もちろんナイロンシャトルが水鳥の羽根と同じフライトにはならないということは知っているが、やっぱり使い捨てはもったいないと思う。試合で使われて傷んだシャトルは練習球として使われるそうだが、さらに痛んでしまえば後は捨てるだけ。羽毛布団にリサイクルされているようにも思えない(笑)。

シャトルのフライトが重要なことはわかるけれど、バレーボールでも北京オリンピックでは飛び方がずいぶん変わったと言われるボールが公式球として採用されている。だからバドミントンでも球の素材が変わることもアリではないか。
ラケットも木からスチール、カーボン、チタンなどと素材が変わってきているのだから、シャトルも変わっておかしくないと思うがどうなのだろう(素人発言、ご容赦を)。

なお、『バドミントンマガジン』4月号によると、3月6日には『第2回全日本ナイロンシャトル・ダブルス大会』(主催:(財)日本バドミントン協会)が開催されたそうだ。男子複/女子複/混合複合わせて参加者は27組と少なかったようだが、今後もりあがっていくのだろうか。
(ちなみにYONEX『MAVIS 2000』はゴーセン『GN-105』、薫風『マッチポイントS-300』と共に同大会の公式球だったようで。)
今後は大きな大会でもナイロンシャトルでの使用を検討していくべきなのではないかと思う。

スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

tag : ヨネックス


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ