『Mac Fan』2010年05月号

Mac Fan ( マックファン ) 2010年 05月号 [雑誌]Mac Fan ( マックファン ) 2010年 05月号 [雑誌]
(2010/03/29)
不明

商品詳細を見る


『Mac Fan』2010年05月号


特集の前にまず表紙&インタビューから。今月号は優木まおみサン。嫌いなタレントさんではないのだが、今回の表紙写真もインタビュー写真もバツ! どちらもライティングが硬いしインタビュー写真は少し露出アンダーだし。化粧も濃くて最初誰だかわからなかったし(笑)。意図として全体に硬めのトーンで撮影するというのもアリだとは思うが、これらはそういう意図も感じられず、中途半端というか、イマイチ。女性タレントは何でも柔らかく、という必要はないけれど。
冒頭から苦言で恐縮。インタビュー内容は佐賀県の実家の父が古くからのPCマニアで、テレビ番組にコメンテーターとして出演したこともあるというくだりが興味深かった。あとは劇場版『名探偵コナン』がらみのオハナシ。


さて、特集。iPad の特集は先月号で終わっているし、かといって発売はまだだしで、一体どういう特集を企画したのかに興味をもってページをめくった。


特集1「ブックマークしておきたいマル得情報源 読者が選ぶ「アップル通」100サイト」
Appleの今を「知る」
Appleを独自視点で「解説する」
Macの技を「身につける」
Macを楽しく「カスタマイズする」
Appleについて「語り合う」
など、100サイトを紹介。ワタシ的にはあまり興味はなかったけれど、Apple/Macに関して知りたい場合は参考になるかも。


特集2「遅さの原因を追及せよ!」。ま、これは実用ネタ。同じ誌面を来年そのまま掲載しても問題ない内容のように思える。わかっている人には今さらという内容かもしれないが、もう一度自分のマシンの状況をチェックするにはいい企画。


特集3「ITライフ&ワークの価値を高める方法 第3弾 Macユーア思考の [ セルフメディア術 ] 」
万人向けとは思わないけれど、ハマる人にはハマる内容か。自分のHP、ブログ、ツイッターの活用を中心に解説されている。

特集4「新聞、雑誌、本の近未来とiPadの衝撃 電子ブック最前線」。トビラの二宮尊徳像をスティーブジョブズ氏に、本はiPadにしているところが笑えた。
iPad発表によりが全注目を浴びるようになった電子ブック市場。それを俯瞰する記事で、これは読み物としてなかなか良い。正直なところ、今月号で一番の出来。


「Mac Fan ビギナーズ」。今回は「「Mac教えて」に使えるうまい手法」ということで、コンセプトはこれからMacを使ってみたいというエントリーユーザーに対しヘルプするための中級者以上のための内容で、ビギナーズで扱う内容とは思えないけれど、質問の内容そのものはエントリーユーザーのものであるから、それなりにまとまっている。エントリーユーザーの素朴な疑問に対してストレートに答えるのではなく、回答者に対して「こう答えなさい」というスタンスがちょっと面白かった。


連載物ではまず「iPhone コンシェルジェ」。今回は「使用料は青天井 失敗するとン十万円に! 海外で使う際の心得」。これは結構リアリティのある内容なので、海外旅行/出張などの予定がある方は必読!


「PHOTO HACKS」。今月は「ローパスフィルタの交換にチャレンジ」。正直なところ、このレポートはただのアホ記事。ローパスフィルタを自分で清掃していてシミを付け、それを綺麗にするために分解したら収拾がつかなくなったというのが要旨。賢明な方々はこれを読んでもマネはしないように。私はローパスフィルタには一切触りません。埃がついたらソフトのほうで消します。面倒ならサービスステーションで埃を取ってもらうべき。自分で作業して壊してしまったらメモ当てられない。
ま、反面教師の企画としてはナカナカ面白かった。興味のある方はどうぞお読みクダサイ。


大谷和利氏の「Apple's Standards」。今回は「ネーミングには最新の注意を払う」。大谷氏の「アップルは・・・他社はどうあれ、本来あるべき名前をつけることが想いに忠実な命名法だ・・・」としている表現について、少々の問題を感じる。もしそれを正しいとするならば、そのためには用意周到に製品名に対してかなり前もって商標登録をするべきだし、アップルが命名したい商標名を他社がすでに取得していたとしたらそれを金で買えばいいというスタンスは正しいとは思えない。例えば、富士通が『iPad』の商標はどれだけ金を積まれても譲らないとしたらどうなるのか? そういう意味では、商標はまず自社で取っておくべきであり、他社所有のの商標を使うのは最後の選択ではないかと思う。そういうところで、アップルのやり方を何でもかんでも正しいように見ようという姿勢はどうかと思う。ちょっと今月は内容に違和感を感じた。


「Macの知恵袋」。今回は「ツイッターはなぜ140文字までしか送れないの?」。素朴な疑問にしてその解説はなかなか面白い。SMSに遡って考察しつつ、欧米ではなく東アジアでのツイッターの利用状況にまで言及しているのはヨイ。


「New Products Assessment」。今月は次の新製品。
● キヤノン『imageFOMULA DR-150』(ドキュメントスキャナ)
● ロジクール『Webcam Pro 9000』(WEBカメラ)
● オリンパス『Voice Trek V-82』(ボイスレコーダー)
● デジタルステージ『BiND for WebLiFE*3.5』(WEBサイト作成ソフト)
● アクト・ツー『STUFFIT Delux 2010 for Mac』(圧縮ユーティリティ)
● アクト・ツー『SSocialite』(情報管理ソフト)
興味のある方はドーゾ。


『Mac Fan』2010年05月号はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ関連
ジャンル : コンピュータ

tag : マックファン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ