宿泊を伴う撮影での準備のポイント

今回の『OSAKA インターナショナルチャレンジ 2010 バドミントン選手権大会』での撮影機材をご紹介したい(写真はクリックで拡大)



まずは撮影機材。室内競技のバドミントンの撮影ということで、キヤノンのEF400mmF2.8L ISとシグマのAF120-300mm F2.8にそれぞれテレコン1.4xと2xを用意。
ちなみにヨンニッパはレンズフードもソフトケースもそれぞれ栗原恵選手(バドミントンじゃなくバレー選手)にサインをいただいた。




アンダーアーマーのデイパックにはてんこ盛りにブツを収納。本当は宅配便で現地のホテルに送っておけばいいのかもしれないが、それをすると直前に必要になったものが使えないということになる。ひげ剃り、パソコンはその最たるもの。
また、カメラ/レンズ類はハンドキャリーで運んだほうが安心。




そして注目していただきたいのがコレ。
10袋(20ページ)分の薄いクリアファイル。これをプロジェクト(といっても出張など)に利用するととても便利。

一番重要なのは、エクセルでつくったチェックリスト。同様の出張は過去何度も経験しているので、大体何が必要かはわかっている。それにプラスアルファするのかマイナスにするのかの判断をする。チェックリストに書いてあるところを単純に取りそろえれば、寝ぼけた状態でもモノが揃う。時間がない時は荷物を用意するのにパニックになりがちだが(ワタシだけ?)、これがあれば大丈夫。
チェックリストは、カテゴリー別になるべく細かく書くことが重要。たとえばカードリーダーなどは高価でもなく小さなものだが、いざ宿泊を伴う出張で忘れてしまうと、旅行先で撮影データの転送ができなくなり、深刻なことになりかねない。まぁ、最悪、現地で購入できればいいのだが。
同様に予備バッテリーとかバッテリーチャージャーなど。現地での滞在期間がある程度長くなるとき、これは本当に重要。
あと、イベントチケットが必要な場合はリストに加えておいたほうがヨイ。忘れた場合、これも現地で購入できれば良いが、ソールドアウトになっていた場合は目も当てられない。
ちなみにチェックリストはコピーを作ってイベントごとに微調整をかけている。その場で追加で必要なものを思い出した時は、ペンなどで書き込み、それをデータに反映させると、今後の作業がより確かになる。

出張だと知らない路線を使って、知らない街で宿泊ということも多いが、Yahooo!の路線検索結果やウェブで予約したホテルの確認メールなどをプリントして、写真のクリアファイルに入れると、それら重要資料が一目瞭然。
今回はそれらのほか、バドミントン選手権大会の大会参加者名簿、組み合わせ表、タイムテーブル、といったものもウェブからダウンロードして、プリントして収納している。


『OSAKA インターナショナルチャレンジ 2010 バドミントン選手権大会』で撮影した写真は別サイトに掲載:
2010.04.11 『OSAKA インターナショナルチャレンジ 2010』5日目(決勝)
2010.04.10 『OSAKA インターナショナルチャレンジ 2010』4日目(準決勝)
2010.04.09 『OSAKA インターナショナルチャレンジ 2010』3日目
2010.04.08 『OSAKA インターナショナルチャレンジ 2010』2日目
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : バドミントン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ