『田児式スーパーバドミントン』



『田児式スーパーバドミントン』(1,400円+税)は『Badminton MAGAZINE』を発行するベースボールマガジン社が発行元。
先日、日本人男性として1966年以来、全英オープンで準優勝を成し遂げた田児賢一のバドミントンスタイル、練習方法などを紹介する一冊。初版は2009年6月だが、全英オープン準優勝を受けて大増刷しているそうで。『Badminton MAGAZINE』の広告ページをみると、「祝 全英オープン準優勝!」の帯がついているようだが、ワタシが買ったのは以前の印刷のもの(上の写真)。


さて、本書の内容はつぎの通り。

第1章 スーパーネット前 ここから何を打つ?
第2章 魔法の足もと
第3章 オーバーヘッド自在
第4章 自由にコート中盤
第5章 サービスも多彩に
第6章 戦術眼を磨こう
付録1 かんたん体幹トレーニング
付録2 マンガ まかせたぞ! ケン坊

普通のバドミントン入門書であれば、基本姿勢、ラケットの握り方から始まり、オーバーヘッドストロークの打ち方・・・と続くのであろうが、いきなりネット前から解説が始まるのが面白い。まぁ、この本は最初の1冊として買うものではなく、バドミントンを始めてある程度上達してから読むことを想定しているのであろう。もちろん、全部読んでみれば、一通り全ての打ち方は網羅されている。
そんなわけで、それぞれの打ち方に関して田児が自身の考え方を「田児式ポイント」として解説しているのだが、その隣で監修の町田文彦が「町田コーチのベーシックスキル」として補足解説している。シロートが田児のやりかたをそのままマネするのは危険なのだろう(笑)。まぁ、「ベーシックスキル」ができるようになってから「田児式」を、ということだろう。

本書の全編を通して、田児は「相手をだますにはどうしたらいいか?」を解決するためのスキルを提供しているように思える。そこがワタシには非常に気に入ったポイントだ。

ただ、田児の考え方を学ぶには良いと思うが、動きの連続写真は見ていてもイマイチわかりづらい部分もある。これは印刷物の限界であり、本書に限ったものではない。
そんなわけで、しっかりDVD版も発売されている。こちらは購入していないのでなんとも言えないが、86分で4,200円+税とちょっとお高め。こちらは「複雑な動きもスロー映像を交え わかりやすく解説」とあり、こっちも観てみたい。


田児式スーパーバドミントン田児式スーパーバドミントン
(2009/05)
田児 賢一町田 文彦

商品詳細を見る

田児式スーパーバドミントン[DVD]田児式スーパーバドミントン[DVD]
(2010/01/30)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : スポーツ全般
ジャンル : スポーツ

tag : 田児賢一 バドミントン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ