DVD『ゴジラ』(1954年劇場公開)

 



このDVD『ゴジラ』は1954年(昭和29年)に放映されたいちばん最初の『ゴジラ』。言わずと知れた特撮映画の記念碑的作品。
水爆実験により日本に姿を現し、東京のあちこちを破壊しまくり、最後にはオキシジェン・デストロイヤーという兵器で死ぬことになる。
近年のゴジラシリーズと異なり、人類の味方ではなく、恐怖の対象であるところが映画のクオリティを高めている。
また、水爆実験の愚かさや自然の脅威を代弁しており、社会的メッセージを発しているところは単なる娯楽作品で終わっていない。

1954年の映画なので当然モノクロなのだが、それがかえってヨイ。また、当時の服装、自動車など社会風俗を見られるという点で別の楽しみ方もある。
ゴジラ対策が国会で議論されるシーンでは与党(?)議員の「臭いものにはフタ」的な発言に対し、菅井きん演じる国会議員が「国民には知らせる義務がある!」と息巻く姿はまるで政治家 田嶋陽子氏のようで笑えた。
ついでに主演は若き日の宝田明



DVDに付属しているブックレットよりメイキング写真。




同じく公開当時のポスターなど。




ワタシとゴジラの出会いと言えば小学生当時、駄菓子屋で売られていたゴジラシリーズのブロマイド。1枚5円。紙製の袋に入れられていて中身が見えず、気に入ったものが出るまでたくさん買うことになる(笑)。夕焼けに染まる東京で壊れた東京タワーの脇で繭を作ろうとするモスラの幼虫のブロマイドがめちゃくちゃカッコよく、今でもその映像を覚えているが、ワタシは手に入れることができなかった。

ゴジラ映画について言えば、最初の『ゴジラ対メカゴジラ』を映画館で観たが、次の『メカゴジラの逆襲』が当時ゴジラシリーズとしては最低の観客動員数だったようで、その後しばらくゴジラシリーズは途絶える。
第2期とされる “平成ゴジラシリーズ” はワタシとしては全てスルー。
第3期の “ミレニアム ゴジラ” となって、再度映画館に足を運ぶことに。とはいえ、「人類の敵となる怪獣と戦うゴジラ」という設定はやはり子供向けの内容と言わざるを得ない。なので変な期待をせずに年中行事のような感覚で観ていた(笑)。


その意味では初代『ゴジラ』は最初にして最高のゴジラだと思う。



DVD(高いバージョン)

ゴジラ [DVD]ゴジラ [DVD]
(2001/02/21)
宝田明河内桃子

商品詳細を見る



DVD(安いバージョン)

ゴジラ <昭和29年度作品> [DVD]ゴジラ <昭和29年度作品> [DVD]
(2008/01/25)
河内桃子宝田明

商品詳細を見る



Blu-ray

【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ(昭和29年度作品)【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ(昭和29年度作品)
(2009/09/18)
宝田明河内桃子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

tag : ゴジラ モスラ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ