2010.05.18『ADOBE CREATIVE SUITE 5 デザインセミナーツアー』



昨日、名古屋で『ADOBE CREATIVE SUITE 5 デザインセミナーツアー』が行なわれ、それに参加してきた。

アドビサイト:ADOBE® CREATIVE SUITE® 5 デザインセミナーツアー


場所は名古屋駅の目の前、ミッドランドスクエア5階の名古屋ミッドランドホール。このビルの前は何度となく歩いているが、中に入ったのは今回が初めて(笑)。

開場は13時だが、開場時間までに50人ぐらいが集まっていた(定員250名とのことだったが、300名とも)。
受付で受講票(連絡メールのプリントアウト)を渡し、ネームタグとペットボトルの水をもらって会場内へ。会場はなかなかゴージャス。正面には大きなスクリーンが3面あり、客席の前の方はテーブルつき。後ろの方はテーブルなしの椅子のみ。ワタシは一応マジメにメモを取るつもりだったので、迷わずテーブルの方に席を確保。 


講演開始は13:30から。
13:30-14:30 Keynote セッション「クロスメディア時代に向けたさまざまな取り組み」では、次の3氏が約20分ずつプレゼン。
栄印刷株式会社 Webディレクター 豊田 有 氏
株式会社ニューキャスト 代表取締役 川原 正隆 氏
有限会社ザッツ 代表取締役 森 裕司 氏


アドビサイト:ADOBE® CREATIVE SUITE® 5 デザインセミナーツアー 名古屋会場 


プレゼン内容はあまり自分の興味のないところだったので、ワタシとしてはどちらかというとプレゼンそのものを見ていた感じ。
豊田氏はプレゼンスライドは綺麗で内容もよかったけれど、スピーチが原稿棒読みだったのが残念。
川原氏はその逆で、観客とのコミュニケーションをとりながらのプレゼンはよかったけれど、スライドに統一感がなかったのが残念。
森氏は両方ともよかったけれど、InDesign から iPhone アプリへの変換をプレゼンするつもりだったのが、最近のアップルの方針変更で、この目玉機能が使えなくなってしまったという悲運(笑)。それでも一応、やり方だけは一通り簡単に紹介。

14:40-16:00 Design セッション「今、皆様に必要なクロスメディアがここに!」 
ここではアドビの栃谷 宗央氏と岩本 崇氏が Photoshop、Illustrator、InDesign、Flash Catalyst の目玉機能を紹介。

まずは栃谷氏による Photoshop
●「境界線を調整」により驚くほど簡単に選択範囲を取ることができることをデモ。この機能だけで買いたくなるユーザーはいるだろう。
● 「塗りつぶし」で「コンテンツに応じる」を使うと自動で余分な画像を自然に消せることをデモ。パノラマ合成でできた余白部分をこの機能で埋めることができ、これは利用価値、大!
●「パペットワープ」は馬のシッポを動かすデモをしていたが、口頭では無理に動かせないモデルのポーズを画像処理で行なうような用途も考えられるとのこと。ナルホド。
●「混合ブラシツール」。これを使うと、色を混ぜることで油絵を描くような感じのタッチが可能になる。

アドビサイト:Photoshop CS5 の新機能


続いて岩本氏による Illustrator
● 「遠近グリッドツール」。1点、2点、3点の遠近法による図形描画が可能。ビルのイラストに便利だが、それ以外に文字もフォント情報を保ったまま立体的な表現が可能となり、こちらのほうが用途が多そう。
●「線幅ツール」。これは使うかなぁ~?
● 破線の調整。これは地味な機能ながら、ユーザーに大歓迎されそうな機能。
● 「絵筆ブラシ」。ベクトルデータながら、アナログチックな表現が可能。岩本氏は「ただし、Photoshop と違って色は混じりません!」を会場の笑いを誘った。
●「 ピクセルプレビュー」で「ピクセルグリッドに整合」すると、Web 用に変換するときにニジミを出さずにキッチリ変換することができるようになった。

アドビサイト:Illustrator CS5 の新機能


岩本氏による InDesign。ワタシはこのソフトを使わないのでそれほど興味はないのだが・・・。
●「フォント」で「ドキュメントを優先」すると、フォントの微妙なバージョン違いによるトラブルを回避。
●「ページツール」
●「写真の流し込み」で「自動フィット」。これと
●「間隔ツール」と
●「ライブキャプション」は写真を配置するときの操作の自動化。
●「段抜き」と「段分割」は段組みページで見出しを2~3段抜いたり、逆に段の中をさらに分割する機能。

アドビサイト:InDesign CS5 の新機能


最後に栃谷氏による Flash Catalyst。このソフトはFlashによるプログラミングをすることなく、Illustrator や Photoshop で作ったデータからFlash ファイルを作れるソフト。
パワーポイントでアニメーションを設定する操作に似ているような気がした。

アドビサイト:Flash Catalyst CS5 の機能


アドビの栃谷氏も岩本氏もかなりプレゼン慣れしており、笑いを取りつつ目玉機能を上手く短時間の中で紹介していてウマい。もちろん、使用する画像サンプルの選択や素材の準備、リハーサルもしっかりやってます、という感じで素晴らしいプレゼンだった。


そんなワケでこのイベントも終わり、アンケートと交換に体験版(30日間使用可)をもらって帰った。
フルインストールに70分もかかってしまったが、とりあえず無事終了。
急いでインストールしたのは、Bridge CS5 でキヤノン EOS-1D Mark IV のRAW 画像を開きたかったから!


Adobe Bridge CS3 の画面



Adobe Bridge CS5 の画面



ご覧のとおり、RAWファイルも無事認識してくれた。もちろん、CAMERA RAW で開くこともできた。
スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ関連
ジャンル : コンピュータ

tag : Adobe Photoshop


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ