FD50mm F1.8 s.c. と LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH. で料理写真を撮り比べ

久しぶりにレストランの料理の写真を撮影。約1ヶ月前と同様、『ミュゼ ボン・ヴィヴァン』。

前回はキヤノン New FD50mm F1.4 と LUMIX G20mm F1.7 ASPH.を使ったが、今回は FD50mm F1.8 s.c. LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH. 。 FD50mm F1.8 s.c. はマウントアダプター経由。もちろん、カメラは Panasonic LUMIX DMC-GH1。撮影のポイントは 7-14mm 超広角ズームで料理を撮るとどうなるか。

料理コース全体はコチラ:
2010.06.22の昼食 ミュゼ ボン ヴィヴァンで『川喜田半泥子のすべて展 特別ランチ ~碗~』



まずは50mmで撮影。(おまかせiA(+1補正)f4、1/1250秒、ISO400)
実質100mm相当の中望遠。自然な感じで撮れている。ただ、 FD50mm F1.8 s.c. は普及レンズで最短撮影距離を無理しておらず、60cm! なので今回の撮影では椅子に座ったまま料理を撮るのはキビシかった。最短撮影距離45cmの New FD50mm F1.4 にしておけば良かった。



続いて7-14mm14mmで撮影。(おまかせiA(+1補正)、f7.1、1/320秒、ISO400)
28mm相当でワイドではあるけれど、特に不自然な遠近感でもない。テーブルの上のものを広く写せて便利な焦点距離だ。



さらに続いて7-14mm。こちらは7mmで撮影。(おまかせiA(+1補正)、f7.1、1/320秒、ISO400)
14mm相当の超ワイドでなので、遠近感はかなり誇張されてしまう。皿は変形し、背景の柱も極端に曲がって不自然。



次も7-14mm7mmで撮影。(おまかせiA(+1補正)、f9、1/400秒、ISO400)
14mm相当の超ワイドながら、垂直線を確認して撮影したので遠近感の誇張は少し控えめになる。皿も背景も写し込めて、こういう撮り方もアリかなと(この写真自体がイイとは言わないが、笑)。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : Panasonic LUMIX GH1 7-14mm


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ