『CAPA』2010年08月号

CAPA (キャパ) 2010年 08月号 [雑誌]CAPA (キャパ) 2010年 08月号 [雑誌]
(2010/07/20)
不明

商品詳細を見る



『CAPA』2010年08月号

まず表紙
逢沢りなさん。ちょっと面白かったのは、裏表紙(表4)の東芝SDXC UHS-I ディスクの広告にも逢沢さんを起用。これはちょっと面白い手法。今後の展開に期待。
また、目次も今回は2ページ取っており、逢沢さんの写真を大きく扱っている。


巻頭特集「一眼レフ機能&機材 “夏のスゴ技”」
まずはプロの「夜祭り」「天体」「花火」「夏の高原風景」「昆虫」「スポーツ(バイクレース)」「水中/半水中」の作例を掲載。
ワタシ的に興味を持ったのは「昆虫」のなかで AF DX フィッシュアイニッコールED10.5mm F2.8GAF DX マイクロニッコール 85mm F3.5G ED VRケンコー1.5x テレプラスDGまたは1.4x テレプラスDGXを装着するとフルサイズ一眼レフでケラレなしに撮影できるというネタ。ワタシ自身、APS-Cのレンズは1本も持っていないし、ましてニコンユーザーではないのだが、ちょっと面白い内容だった。
続いて日中シンクロ、スローシンクロ、フィルターテクニックなどが続く。なかでも自作水中ハウジングを使った水中撮影でカワムツを撮影した写真は見事。ワタシは自作水中ハウジングはリスキーでやりたいとは思わないが(笑)。
さらに「トラブル対応Q&A」は実用的な内容のアイデアを紹介。


馬場信幸の「シンク・アウト」。今回は2つのテーマ。「ボケとボケ味という言葉について」と「内蔵ストロボでバウンス撮影はできるか」。前者について、馬場氏は「ボケ味」ではなく「ボケ描写」という言葉を使うべき、という旨を語っている。言いたいことはわかるけれど、なかなか微妙なところか。
後者については薄いアクリルミラーとジョイントを使って内蔵ストロボの光を天井などにバウンスさせるというアイデア。お金がなければそれでもいいが、バウンス可能のストロボを使った方が発光量の点でも、使い勝手の点でも優れていると思うが。


「夏の鉄道旅情」
鉄橋を絡めた鉄道写真はいずれも時間をかけて撮影ポイントやレンズを選定し、時刻表を見て列車の通る時刻を確認して撮ったことがよくわかる、キッチリした写真ばかり。ワタシは鉄道写真を撮らないけれど、努力が忍ばれる作品ばかり。


「夏の北海道スペシャル・グラビア1 美瑛彩時記」
高橋真澄氏による作品群。単純に綺麗。


「夏の北海道スペシャル・グラビア2 道東 原始の大地、ひとときの夏」
こちらは秋元亮太氏による作品群。こちらはいまいち写真のシャープネスがイマイチな感じ。



「EOS 7D で金賞の一瞬を描ききる! 女子プロゴルファー百花繚乱」
相変わらずタイトルが仰々しい。“ 描き切る” ほどのバリエーションはないし、クオリティも感動するほどのものでもない。“百花繚乱” といってもせいぜい6名程度だし。


「iPadで写真は楽しくなる。確実に。」
このようなニューアイテムを取り扱うのが『CAPA』の良さ。他誌でも取り上げていたけれど(笑)。
ワタシ的にはiPad のディスク容量の小さいことがまず気になり、ストレージとしては容量不足に感じている。また、指での操作性が優れているといっても、操作時に指紋がディスプレイについてしまうのがちょっとイヤだ。
だが、今後は色々なアイデアで撮影に関連する便利ソフトなどが出てきそうな気がする。


「初めての単焦点標準レンズ」
最近、キヤノンEF50mmF1.8が1万円以下で買えることから交換レンズのトップセールスとなっているようだが、この企画はキットレンズに対しての単焦点標準レンズという位置づけでの紹介。といいつつ、標準レンズとしての解説なのか、安い単焦点レンズとして紹介しているのかごちゃ混ぜの解説となっている。50mmレンズを35mmフルサイズカメラに装着すれば標準レンズだが、APS-Cカメラに装着すれば75~80mmの中望遠レンズとなる。一方でAPS-Cカメラに35mmのレンズを装着すると標準レンズとして使えるが、フルサイズ用35mmの紹介はない。
そんなワケで、ワタシにとってはちょっとスッキリしない内容。


キヤノンEF70-200mm F2.8L IS II USM 特写レポート」
キヤノンの記事広告と思われるページだが、今回は長野博文x小林涼子のポートレートで6ページ。
シャープなレンズというのはよくわかるが、166ページの写真では、開放f値による口径食ボケがはっきりわかり、最新レンズだからといって何でも開放で撮ればいいわけではないという教訓を与えてくれる(笑)。
でも、正直なところ、旧レンズと同じシーンで撮り比べてみて、そんなに差が出るのだろうか??? もちろん最短撮影距離は20cm縮まっているので、その差は出るだろうが。
また、逆光での画質の良さを蛍石の採用としているが、レンズコーティングや内面反射処理がポイントであり、レンズ素材はこの場合あまり関係ないと思うが、どうなのだろう。


「西平英生の交換レンズ完全ガイド」。
第198回はニコンAF-Sニッコール70-200mm F2.8G ED VR IIAF-Sニッコール24mm F1.4G EDトキナーAT-X16-28mm F2.8 プロFXシグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
ワタシは対応するカメラを1台も持たないので買うことはないけれど、シグマ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMはAPS-Cユーザーには要注目レンズに感じる。



『CAPA』8月号はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : CAPA


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ