スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「LUMIX Gシリーズで3D撮影ができる交換レンズを商品化」について



パナソニックは7月28日に3D撮影ができるビデオカメラ「HDC-TM750/TM650」を発表するとともにデジタル一眼カメラ LUMIX Gシリーズで3D撮影ができる交換レンズも発表した。


パナソニックのプレスリリース:デジタル一眼カメラ LUMIX Gシリーズで3D撮影ができる交換レンズを商品化

パナソニックのサイト:世界初 3D対応ムービー

デジカメWatchの記事:パナソニック、LUMIX G用「3D対応レンズ」を開発発表

BCNランキングの記事:パナソニック、世界初の3D動画撮影ができる家庭用ビデオカメラを発表


ワタシ自身、ビデオカメラは3台、デジカメでビデオ撮影機能を有しているものも3台所有しているものの、それほど動画を撮りたいとは思わない。だが、自分の子供の成長記録や旅先の映像を3Dで記録したいというヒトは潜在的に多いかもしれない。
これら新製品でいよいよ3D映像も自分で創る時代が来る予感。

Gシリーズ用交換レンズの詳細なスペックは公表されていないので、写真から想像するしかないが、G 20mm F1.7 よりもコンパクトなようだ。
鏡筒にピントリングのデコボコが刻まれていないことからすると、AFのみなのか、固定焦点なのかのどちらかだろうが、固定焦点のような気がする。また、光学ズームも搭載されているようにも思えない。同時発表された3D対応ビデオカメラでは、3Dコンバーターを装着するとズーミングができないし。
鏡筒内のレンズ部分は小さいので、固定絞りかもしれない。

ビデオカメラ用3Dコンバーター「VW-CLT1-H」はオープン価格ながら3万8,000円前後らしいから、Gシリーズの3Dレンズはもっと安くなると予想する(2万円前後?)。

ただ、Gシリーズ用としながらも、「※ 対応機種は未定。」としており、既存の5機種(G1、GH1、GF1、G2、G10)で3D撮影が可能であるとは述べていない。
とすると、フォトキナ前に発表されるとウワサされる「GH2(仮称/GH1後継機)」以降のモデルで3D対応し、既存モデルでは内部ハードウェアの制限で使用できないのかもしれない。

既存モデルで対応できないとすると、既存ユーザーにとってはガッカリだけれど、新しいカメラへの買い替え促進に繋がるだろう。ただ、既存モデルで対応可能であれば、このレンズのほかに3D対応テレビやレコーダーが売れるだろうから、そちらの方がパナソニックにとっては利益に大きく貢献すると思うが、どうか?

ワタシ的には自分が持っているGH1で対応可能であれば買ってみたい気もするが、そうでなければ買わないだろう。だが、GH1で対応可能となると、3Dレンズ以外に3D対応テレビまで買わなければならなくなるので、対応しないでホシイ(爆)。


ちなみに3Dレンズのスペックに関するワタシの予想は・・・
焦点距離:30~35mm(35mm換算)
絞り:f8 またはf11固定
ピント合わせ:固定焦点
重量:100g前後
実勢価格:2万円~2万5,000円
対応カメラ:今後発売される新製品のみ

どんなもんでしょう?
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX GH1


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。