キヤノン EOS 60D のマルチサブ電子ダイヤルについて

キヤノンが8月26日に発表した EOS 60D。バリアングル液晶が一番の特徴となっているが、もうひとつ注目したいのが マルチサブ電子ダイヤル

EOS 上位4機種(EOS-1Ds Mark III、EOS-1D Mark IV、EOS 5D Mark II、EOS 7D)にはマルチコントローラーがカメラの右肩あたりに用意されているが、それをサブ電子ダイヤルの内側に移した格好だ。


キヤノンのサイトでは、次のように説明している。
「・・・サブ電子ダイヤルの内側に8 方向キーとSETボタンを配したマルチサブ電子ダイヤルの新設により、メニュー操作など各種設定操作が右手親指だけで行えます。バッテリーグリップを装着して縦位置に構えても、横位置撮影と同様の使い心地で操作可能。」


実機を触っていないので細かいことは言えないが、ワタシはこれを歓迎したい。横位置で撮影する場合、上位4機種のような配置のほうが操作性は良いと思うが、写真は横位置ばかりではない。ポートレートは縦位置が基本だし、ワタシがよく撮影するバレーボールもバドミントンでも、9割がた縦位置で撮影している。当然、縦位置グリップを握って撮影するのだが、この場合マルチコントローラーを操作することができない。結局、AFポイントの変更には使えず、メニュー操作に使うのみだ。

EOS 60Dのバリアングル液晶とマルチサブ電子ダイヤルが、今後上位機種にも採用されることをワタシは期待したい。
ただ、キヤノンは操作系の変更に関して保守的なところがあるので、EOS-1Ds Mark IVで採用されるかどうかは疑問だけれど。EOS 60Dのユーザー評価を検討して、EOS-1D/1Ds Mark Vで採用されるというところかなぁ?
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン EOS-1D


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ