世界最速の“AF追随高速連写”レンズ交換式デジタルカメラ ソニー「α55」「α33」の発表について




ソニーがユニークなレンズ交換式デジタルカメラ「α55」「α33」を発表した。
半透明ミラーを使用することにより、高速な位相差AFを実現している。

もともと半透明ミラーを採用したカメラはミラーのアップダウンをなくすことによる高速連写を目的としていたり(キヤノンNewF-1 ハイスピードモータードライブカメラ)、ミラーアップの時間をなくし、シャッターボタンを押してから露光されるまでのタイムラグの減少を極限まで追求していたり(キヤノン EOS RT)であった。
今回の「α55」「α33」は半透明ミラーをAFのためだけに使っている。通常の一眼レフカメラがサブミラーで行なっていることをメインミラーで行ない、サブミラーを削除したというカタチ。それにより、測距デバイスは通常とは違う位置に配置されている模様。
「α55」においてはAF追従で最高秒10コマの撮影ができるという。これがボディ単体価格9万円でプロ機並みの連写性能だから、ソニーユーザーが色めき立つのもわかる気がする。

ただ、実際には注釈がつく。

「α55」の秒10コマは「連続撮影優先AEモード」時の場合であり、「ドライブモード」時は秒6コマに落ちてしまう。この差はファインダー像が追従しないというところか。これは電子式ビューファインダーが秒10コマまでは技術的に対応できないのだろう。なので、「連続撮影優先AEモード」では被写体が不規則に動くなどした場合、フレーミングが意図通りにならなかったり、あるいはAFポイントのズレによるピンぼけの可能性が懸念される。
そのような場合は「ドライブモード」を使えということだろう。まぁ、電子式ビューファインダーで秒6コマ追従できるなら、それなりに立派だと思うが。

ただ、正直なところ、動きの激しいスポーツなどの撮影に『Tru-Finder』(ソニーの電子式ビューファインダー)がどの程度対応できるかがわからない。一度、現物を触ってみたいところだ。

【追記】上記最高秒10コマを実現する「連続撮影優先AEモード」について、誤解があった。詳細は次のエントリーで。
銀座ソニービルで『α55』に触ってきました!
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : ソニー NEX


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ