『Apple、新しいMacBook Airでノートブックを再発明』について


2010年10月20日(アメリカ現地時間)、アップルが「Back to the Mac」というタイトルのスペシャルイベントを行った。


ストリーミングビデオ(約1時間半):Watch the streaming video from the special event.

昔のキーノートはスティーブジョブズが最初から最後まで喋りまくっていたが、最近はパートごとに担当者が入れ替わり立ち替わりプレゼンするようになった。
で、一通り話が終わってスティーブがそれまでの話をまとめたあと、恒例の『one more thing ... 』。今回はリニューアルした MacBook Air だったが、従来と同サイズの13インチモデルを一通り説明したあと出てきたのが、全く新しい11インチモデル
スティーブ的には “どや顔” で発表したのに会場の反応はイマイチだったような(笑)。

それはともかく、今回の2モデルは、初代モデルよりもさらに薄くなり、さらに洗練されたデザインとなっている。
記録媒体もSSDのみとして、高速起動、長時間駆動を可能にしたのが注目点。また、メインメモリは4GBにすることができたり、USB2.0ポートが2つになったことにも注目したい。
なによりも、最低価格が88,800円からとなってより買いやすくなった。

ワタシの予想としては11インチモデルに人気が集中しそうな気がする。モバイルでネットを見たり、メモを打つ程度の用途なら、13インチは必要ないし、小さい方がカワイイ(笑)。
とはいえ、スティーブジョブズはフルサイズキーボードにこだわっているので、横幅は11インチモデルで29.95cmと意外に小さくない。一度実機を触ってみたいものだ。

以前のモデルはスペックの割に価格が高く、結局周辺機器も買わなければならないから、1台目としてはオススメできない感じだったが、今回値段も下がり、ヘビーな使い方をしないのであれば、1台目としてもアリかなとも思う。スーパードライブはとりあえず必要としても、普段は引き出しにでもしまっておき、作成データは全て外付けHDDに保存。大きな画面が必要であれば外付けモニタを追加購入すればよい(だんだん費用がかさんでいくが。笑)。外出先での作業が多いユーザーには意外といい選択かも。

それにしても、『ノートブックを再発明』はちょっと大げさでは?(笑)。

ワタシ的にはちょっと食指が動く MacBook Air 11インチモデルだが、買うことはないだろう(買えないし。笑)。今現在、モバイルでの用途はほとんどないし、必要なときは大きく重い MacBook Pro 15インチを持ち運べばいいし。


Apple MacBook Air 1.4GHz 11.6インチ 64GB  MC505J/AApple MacBook Air 1.4GHz 11.6インチ 64GB MC505J/A
(2010/10/21)
アップル

商品詳細を見る

Apple MacBook Air 1.4GHz 11.6インチ 128GB  MC506J/AApple MacBook Air 1.4GHz 11.6インチ 128GB MC506J/A
(2010/10/21)
アップル

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

tag : Apple MacBook


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ