『Apple、Mac OS X Lionを発表』について



10月20日(アメリカ現地時間)のアップルスペシャルイベントで、Macの次期OS『Mac OS X Lion』の機能の一部が紹介された。

アップル公式サイト:Mac OS X Lion 先行告知

公表された機能をみると、大きな特徴は iPhone/iPad の操作方法を Mac にも取り入れているという感じだ。

ワタシが見た感じでは、iPadのようなスタイルでアプリケーションに一瞬でアクセスできる「Launchpad」や、Macで開いているすべてのアプリケーションを一目で見渡せる「Mission Control」は今のOSでもプラグインで対応できそうな気がする。
Mac OS の iOS 化とも言えるこのバージョンアップは、従来の操作に慣れたユーザーにとっては余計なお世話のような気がする。まぁ、従来の操作方法が排除されるというわけでもなさそうなので、使いたくないユーザーは使わなければ済むだけのこと。iPhone や iPad から Mac に入るユーザーにとっては馴染みやすい機能かもしれない。

この操作に関し、スペシャルイベントでは、スクリーンを立てるノートブックではトラックパッドで操作する方が自然だとスティーブジョブズは言っていた(と思う、笑)が、『Mac OS X Lion』がリリースされる来年夏には Mac 全てがタッチスクリーンモデルで同時発売されるんじゃないかと勝手に予測する。


一方、ちょっと懸念しているのは、アップルがさらに自社の思想をサードパーティに押し付けること。
Mac App Store は『Mac OS X Lion』を待たずにオープンするようだけれど、これは iPhone アプリを iTunes Store で売るシステムの Mac 版。ユーザーは店に行かずとも手軽にダウンロードできて便利だし、小規模ソフト製作者でも全世界を相手にビジネスができてメリットはあるだろう。
ただ、iPhone アプリの場合はアップルがチェックして合格しないものは App Store で販売することができない。 Mac App Store でも同様のことになるような気がする。
これが浸透すると、今まで流通が稼いでいた部分を全部アップルが持っていくわけで、アップルのさらなる一人勝ちになりそうだ。
そして、Mac OS 11 あたりになると、 Mac App Store で売られていないソフトは Mac では動かないような OS になりそうな気がする。
Mac OS が7あたりの頃はCPUアクセラレーターや周辺機器、ソフトなどを発売するサードパーティとアップルの関係はもっと対等に近いような気がしたが、今後はアップル様のご意向に添わないサードパーティは排除されていくような気がするがどうだろう。
その兆候がすでに現れた記事が下に。


CNet Japanの記事:
アップル、Macへの「Flash」のプリインストールを終了
アップル、「Mac OS X」のJavaを更新--今後の同梱中止を示唆
スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

tag : Apple Mac


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ