「ニコン、2D画像を3Dにして共有できる「my Picturetown 3D」を発表」について

ニコンは10月26日、インターネットを通じて通常のデジタル画像を3D画像に変換し、専用のデジタルフォトフレームで再生、鑑賞できる新しいサービス「my Picturetown 3D」を開始するとの発表を行った。

ニコンのリリース:裸眼で高画質3D画像が楽しめる「my Picturetown 3D」を開始

デジカメWatchの記事:ニコン、2D画像を3Dにして共有できる「my Picturetown 3D」を発表
BCNランキングの記事:ニコン、3D写真が裸眼で楽しめる会員制サービス、月額1995円で


「my Picturetown 3D」は、ニコンの画像共有・保存サービス「my Picturetown」上で提供する会員向けのサービスで、主な内容は、
• 3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」の貸出し
• 「my Picturetown」上での静止画の3D画像変換サービス
• 「my Picturetown」の機能を利用した3D画像の表示・共有サービス
• 「my Picturetown」の機能を利用した3Dコンテンツ(静止画、動画)の配信サービス
となっている。

サービス開始は12月上旬、月額会員費1,995円もしくは年額会員費19,950円がかかり、月間3枚までの画像の3D変換が無料。4枚目以降は1枚300円。


現在、3D製品ががテレビのニュースで取り上げられることは多いけれど、普及はまだまだこれから。
ニコンは3Dデジタルフォトフレームのレンタルの好機と見ているのか、サービスを提供するためのハードルと見ているのか。

ワタシ自身、2D画像を3Dに変換してくれるサービスがあるとしたら利用してみたいとは思うが、月額1,995円の有料会員になるのには、さすがに躊躇するというか、・・・会員にはならんだろうなぁ(笑)。
貸し出される 3Dデジタルフォトフレーム「NF-300i」は 7.2 型とさほど大きくないので、3Dのダイナミック感を味わうには物足りないだろうし。これのレンタル料金が含まれるため、会費が高くなってしまっている。
いっそ3Dビューワーはユーザーが用意し、3D変換サービスのみの会員制度にしてくれた方が普及しそうな気がする。もちろん、一般に売られている3Dテレビとか3Dパソコンに対応する画像形式に変換できないと意味がないが。
3Dテレビなどを活用するなら、3D変換ソフトが発売されてもおかしくない。ソフト自体の価格も安くはならないかもしれないし、変換にはマシンパワーが必要かもしれないが、こちらのほうが需要はありそうな気がする。

そんなワケで、ニコンの3D変換/共有サービスはあまり成功するようには思えないというのがワタシの考え。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ