パナソニック GH2 で『世界バレー2010』を撮影してみました!



GH2 + G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 MEGA O.I.S.
ISO6400、1/400秒、F5.6




パナソニック LUMIX DMC-GH2 は GH1 に比べ、ISO 感度が最高3200から12800になったこと、コマ速も3.5コマ/秒から5コマ/秒に上がったこと、0.1秒のAFレスポンスという進化があるので、今回、『世界バレー2010』で撮影してみた。

結論は、正直なところ、うーーーーーん、であるというか、期待はずれ(笑)。
比較対象がキヤノン EOS-1D Mark IV なので相手が悪すぎるというのもあるが、もう少し競ることができるものと思っていたのだが・・・。その理由は以下の通り。

1.シャッターのレスポンスが悪い。
2.高感度での画質が悪い。
3.上手くピントを合わせられない。
4.バッテリーの持ちが悪い。
5.連写時の撮影画像表示がうっとおしい。

具体的に言えば・・・

1.シャッターのレスポンスが悪い。
光学ファインダーでなく、EVFを使用していることも関係しているかもしれないが、EOS に比べてシャッターラグがかなり大きいように思う。EOSであろうと他の機種であろうと、スポーツなどでは「今だ!」という瞬間にシャッターボタンを押していたのでは遅いのであって、あらかじめ予測して「今だ!」の瞬間のわずか前にシャッターボタンを押し込まないと「今だ!」の瞬間は捉えられない。ただ、それも程度問題で、今回の撮影ではシャッターのタイミングに苦労した、というかどれだけ気をつけてもタイミングを逃したというのが実情だ。
とりわけ40コマ/秒のSH(スーパーハイ)モードでの撮影では特にタイムラグが大きいように感じられた。気のせいかもしれないが。

2.高感度での画質が悪い。
確かにISO12800で撮影できることは素晴らしい。一方でISO12800での画質に期待していないことも確か。ただ、ISO1600からISO6400あたりの画質にはそこそこ期待していたのだが・・・。
EOS-1D Mark IV とは比べ物にはならないレベル。
機材の重さと画質を天秤にかけるなら、(用途にもよるが)ワタシは重くても画質の良いほうを取る。

3.上手くピントを合わせられない。
EOSのほうは永年使っているので慣れているというのもあるし、ピントが外れるクセもわかっている。もちろん、EOSのほうでもピントはよく外すのだが、外したのは自分が下手なせいだと納得できる。
GH2は確かにAFそのものは速く感じるが、どこにピントを合わせるかを上手く調整できない。これはワタシが使いこなしていないからかもしれないので、断言してしまうのはどうかとも思うけれど。
バレーボールの場合、コート中央のネットが邪魔だし、選手は不規則にコート内を入り乱れるから、カメラマン泣かせな被写体であることは間違いない。
GH2はいろいろなAFモードがあるけれど、一番不安に感じるのが追尾AF。自分が撮影したい被写体をずっと追尾してくれることもあれば、フラフラと全く違う部分を動き回ることもあり、ワタシ的には信用できない。
1点AFはフォーカスエリアのサイズを好みの大きさに調整すれば、まぁまぁ実用的になるかも。
23点AFは主要被写体しか画面になければ問題ないが、主要被写体よりも前にほかの被写体などがある場合はそちらに合う可能性もあるので、どの程度信頼できるかは微妙。ただし、このモードで自分の移したいエリアを液晶タッチすると、キヤノンのゾーンAFのように特定エリアのみAFを稼働させるので、実用度は上がるように感じた。ただし、EVFを覗きながら撮影していて、AFエリアを変更するときは液晶をタッチし、またEVFを覗くという動作はあまりスマートではない。
なお、GH2 ではオプション設定をいじればキヤノンの親指AF&フルタイムマニュアルフォーカスと同等のことができるようになったのだけれど、画像を拡大せずピントをEVFで合わせるのは目が疲れるし、合わせられる自信もない。


4.バッテリーの持ちが悪い。
バレーボール3試合の後半でバッテリーが落ちてしまった。それまでいずれも3-0ゲームだったけれど、フルセットにでもなっていたら2試合で落ちていたかも。もちろん、前日にスペアバッテリーを買ってフル充電しておいたのでトラブルにはならなかったけれど。
SH(スーパーハイ)モードを多用したのがバッテリー消費の理由か?
GH2で本格的に撮影するなら、予備バッテリーは最低1個、できれば2個ぐらいは必要かもしれない。
EOSのほうは今回撮影枚数が少なかったこともあるけれど、バッテリーインジケーターは4つのうち1つが消えただけ。まぁ、バッテリーパックのサイズが全く違いますからなぁ(笑)。


5.連写時の撮影画像表示がうっとおしい。
被写体を追いかけながら連写するとき、撮影画像がEVFに映し出されるが、その間、本来EVFに映し出されるべきフレーミングとずれてしまうことがよくある。撮影画像を映し出すことなく連写することはできるのかな?


そんなわけで、バレーボールのような室内スポーツでこのカメラを使うことは、ワタシとしてはオススメしない。もちろん、用途によっては高画質で上手く写せる被写体もあるだろうけれど。


『世界バレー2010』の観戦記はコチラ(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
2010.11.09 『世界バレー2010』日本vs韓国戦
2010.11.10 『世界バレー2010』日本vsロシア戦


Panasonic デジタル一眼カメラ GH2 ボディ ブラック DMC-GH2-KPanasonic デジタル一眼カメラ GH2 ボディ ブラック DMC-GH2-K
(2010/10/29)
パナソニック

商品詳細を見る

Panasonic LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 MEGA O.I.S H-FS100300Panasonic LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 MEGA O.I.S H-FS100300
(2010/10/29)
パナソニック

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX GH2 100-300mm


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ