『世界バレー2010』であえて GH2 のスローシャッターを試してみました!

いやぁ、『世界バレー2010』、日本、銅メダルを取りましたね! 慶賀!

思わず目から液体が流れ出てしまいましたが(笑)、それはさておき、少し前に、パナソニック LUMIX DMC-GH2 の高感度画質は少し期待はずれだったことを書いたが、せっかくの『世界バレー2010』をなんとか記録しようと考えた苦肉の策が「スローシャッター」

会場の代々木第1体育館は ISO6400 でようやく1/500秒、f5.6 が撮れる状況。画質的に満足できる ISO1600 に落とすと、シャッタースピードは 1/125秒となり、これでは中途半端に被写体ブレが目立つ。そこで、もっと遅い 1/40秒あたりに設定。ブレブレの実験的な撮影を行ってみた。レンズはいずれも G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 MEGA O.I.S.



 

左:ISO400、1/40秒、f5.2、35mm判換算446mm相当
右:ISO800、1/40秒、f5.6、35mm判換算600mm相当


こちら2枚は被写体ブレと手ブレが合わさった感じ。それなりにバレーボールの動感が出ているように思う。



 

左:ISO400、1/40秒、f5.2、35mm判換算456mm相当
右:ISO800、1/40秒、f5.6、35mm判換算410mm相当


左写真はブロックに動いた2選手にカメラの動きが一致し、止まっているように見えるのに対し、それ以外の選手が背景がブレているのが面白い。
右写真は背景はさほどブレておらず、ブロックに飛んだ選手もほぼ止まっている。ちょうどデッドポイントを捉えたようだ。

もちろんこれらはそこそこ膨大なシャッターを切ったうちの4枚で、ほとんどは見るに耐えない写真ばかり(笑)。リスクの高い撮り方であることは間違いないが、ご参考になれば(ならないかな? 笑)。



『世界バレー2010』の観戦記はコチラ(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
2010.11.09 『世界バレー2010』日本vs韓国戦
2010.11.10 『世界バレー2010』日本vsロシア戦



Panasonic デジタル一眼カメラ GH2 ボディ ブラック DMC-GH2-KPanasonic デジタル一眼カメラ GH2 ボディ ブラック DMC-GH2-K
(2010/10/29)
パナソニック

商品詳細を見る

Panasonic LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 MEGA O.I.S H-FS100300Panasonic LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 MEGA O.I.S H-FS100300
(2010/10/29)
パナソニック

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX GH2 100-300mm バレー


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ