『フォトテクニック デジタル』2010年12月号

フォトテクニックデジタル 2010年 12月号 [雑誌]フォトテクニックデジタル 2010年 12月号 [雑誌]
(2010/11/20)
不明

商品詳細を見る



またまたカメラ雑誌の発売日がきました。
今回は『フォトテクニック デジタル』『CAPA』『カメラマン』の3誌を購入。
今回買わなかったけれど『デジタルカメラマガジン』では、パナソニック GH2 の開発者インタビューがあったので、それは立ち読みで済ませた(笑)。

さて、まずは『フォトテクニック デジタル』

今回の目玉は別冊付録『BEST PHOTO ITEMS SELECTION』。ほぼ、これがあったから買ったようなもの。
価格別に1,000円以下、2,000円以下、5,000円以下、10,000円以下、20,000以下でまとめられている。
ワタシ的に興味を持ったのが、
● キーポッド/エツミ(735円)
● オプティック フィンガー・カフQD/銀一(630円)
● カメラポーチ/サニースタイル(1,260円)
あたり。

続いて逢沢りなチャン(by 尾形正茂)。等倍以上に伸ばされた写真があったが、そこまで拡大しなくても・・・(笑)。写真はいずれもカワイイけれど、特筆すべきものでもなく。

その次は(スマイレージ)和田彩花(by 長野博文)。15歳ぐらいの年頃の女の子は子供でも大人でもない、なんとも微妙な次期。なので被写体としては素晴らしいのではあるが、ワタシのような独身のオジサンはうかつなことをすると犯罪者になってしまうので要注意(笑)。

特集「シャッター速度の表現を究める」
ポートレートでモデルの髪をレフで起こした風でゆらし、1/320秒、1/160秒、1/125秒での作例を掲載している。
1/125秒で髪の毛をぶらした写真を大きく掲載しているけれど、風になびく髪をうまく表現しているのは1/125秒以外の2点のように思えた(笑)。カメラマンが思うほどブレを動感には見てもらえないように思う。
ほかにスポーツ、鉄道、スナップなどでスローシャッター、高速シャッターの作例があり、いくつも興味深いものがあった。
特にソニーα55で撮影したフィギュアスケートの連続写真があるが、低価格ながら秒10コマの実力はいかがなものか.写真よりもむしろ使い勝手に関する撮影者のコメントが重要に思える。

「シーン別 ポートレートの表現 構図 アングル ヒント集」
ここでのシーンは
● ハウススタジオ
● ハウススタジオの中庭
● 狭い路地
● 都内・下町
● 通行人の多い陸橋の上
● カフェ
● 広い公園
となっている。また、カメラマンも尾形正茂、河野英喜、魚住誠一の3氏がそれぞれ作例を撮っており、同じモデルながら違う写真になっていて面白いといえば面白い。とはいえ、抜群の出来はなかったデス(失礼!)。



『フォトテクニック デジタル』12月号はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : フォトテクニックデジタル


trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

逢沢りな写真集『Rina』 |細居 幸次郎

逢沢りな写真集『Rina』細居 幸次郎ワニブックス 刊発売日 2009-07-2...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ