『Mac Fan』2011年01月号

Mac Fan (マックファン) 2011年 01月号 [雑誌]Mac Fan (マックファン) 2011年 01月号 [雑誌]
(2010/11/29)
不明

商品詳細を見る



『Mac Fan』2011年01月号

まずは別冊付録『iLife '11 スタートガイド』(A5サイズ)。
128ページの充実内容。バージョンアップしていない iWeb や iDVD についてももちろん解説。
全ページカラーで操作画面の写真もたっぷり使っているのでわかりやすい。『iLife '11』の購入を検討している人、購入した人はこの号を買っても損ナシ! もっとも『MacPeople』2011年01月号も全く同じような付録を付けているので、よく比較検討を(笑)。


表紙&インタビューは声優・歌手の平野綾サン。
ワタシはあんまり知らないが、カワイイですなぁ。インタビューによると、しっかりマックユーザーのようでゴザイマス。


巻頭特集1「Apple TV & iTunes 映画配信」
まぁ、タイトル通りの内容。いよいよ日本でも iTunes で映画の配信が可能となったことがポイントか。
今後は映画も配信で観る時代が来るんかいな? 街のレンタルショップは流行っているようだけど。


巻頭特集2「iOS 4.2」
コチラは iOS 4.2 の特徴と使い方を解説する特集。


「通巻333号記念! 2号連続読者プレゼント大放出!」
通巻333号記念とはずいぶん中途半端な(笑)。『MacPeople』2010年12月号のプレゼント企画に対抗したかと思ったら、『Mac Fan』12月号で予告しておりました。失礼。
プレゼントアイテムはデジカメ、ハードディスク、ソフト、イヤホン、マウスなど。


「通巻333号記念! 2号連続読者モニター大募集!」
こちらはモニター募集。デジカメではパナソニックGF2のダブルレンズキットやリコーGXR+P10キット。
複合機はキヤノンPIXUS MG6130、エプソンPX-503A、ブラザーMyMio MFC-J950DN、HP Photosmart Premium C310cと各メーカー勢揃い。ソフトはデジタルステージ BiND 4 Pro. オンラインショップ開店セット、Adobe Photoshop Lightroom 3、Microsoft Office 2011 for Mac Home & Business。ほかにはワコム Intuos4 Wireless。


第1特集「Windowsにできて標準Macにできないこと」
「元ウィンドウズユーザのためのMacのお作法指南」がサブタイトル。コンテンツは
Chapter 1 GUIの違いとデスクトップ操作
Chapter 2 アプリケーションと書類の移行
Chapter 3 ネットワークとインターネット
Chapter 4 バックアップとメンテナンス
となっている。もともとのマックユーザーには関係なかろうが、ウィンドウズからのスイッチをした、あるいはこれからスイッチしようというユーザーにとっては実用的な内容。
OSが Lion になったら再登場しそうな企画(笑)。


第2特集「MacBook Air 検証報告」
MacBook Air はすでに前月号で基本的なスペックなどは紹介されているが、今月号では実際に使用するときに直面する問題やベンチマークテスト結果などを詳細に解説。購入を検討されている方はご参考に。
面白かったのはWEB上でフラッシュが動作するとバッテリー消費が加速するという比較検証。アップルはフラッシュのプリインストールを止めていて、実用上どうなのよ!というところではあるが、プリインストールしないことをサポートする結果となっている。


第3特集「Macでデジタルサイネージ」
デジタルサイネージとは電子看板のことですな。「イベントやディスプレイ広告で使えるMacの知恵の実」がサブタイトル。
Macの標準アプリを使い、個人商店のちょっとしたPOPやイベント会場での案内、告知ボードでの活用を目的とした企画。
「動画のループ」「指定時間に再生」「更新情報を自動的に反映」「遠隔操作」などについてその手法を解説した、実用的な内容。ワタシ自身としては用途がないが(笑)、興味のある方はご参考に。


「Mac Fan ビギナーズ」
今月号の「Mac Fan サポーターズ」は年賀状のお手軽作成術。
「定番ソフト自由自在」は Adobe Photoshop Elements 9 とAdobe Reader X。
「教えて! Macのメカニズム」は印刷の流れを追跡。
「定番WEBサービス自由自在」は bit.ly
ご参考に。


「アップル純正の動画形式「iFrame」を活用しよう!」
ここで紹介されているビデオカメラがサンヨーXacti DMX-CS1(とDMX-SH11)。バドミントンの廣瀬栄理子選手が同社サイトで体験リポートをしているので興味を惹かれた。
このカメラはフルHD(AVCHD形式)でも撮影できるが、iFrame形式で撮影するとiMovieで取り込むときに変換作業がないため、非常に高速なことが特長。

廣瀬栄理子選手が紹介する Xacti DMX-CS1 のページ:#09バドミントンチーム廣瀬栄理子|CHOICE!!×SANYO SPORTS TEAM|三洋電機



『Mac Fan』1月号はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

tag : Mac Fan


コメントの投稿

非公開コメント

No title

三洋製品の布教活動ありがとうございます(笑)

Re: No title

はいはい、布教させていただきました(笑)。
実際に以前、Xacti DMX-HD1000 というカメラを購入しましたが、ユーザーインターフェイスがシンプルでよく考えられていて、非常に使いやすかったです。あ、また布教か(爆)。

明日から(といってもあさっての明け方かな?、笑)いよいよバドミントン全日本総合選手権大会のレポートを開始予定。
とりあえずは別サイト『IKEDA HIROYAのとりあえずブログ』にて!
プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ