オールド「ラパラ(RAPALA)」ルアー(追加)

今日(12月10日)から第64回 全日本総合バドミントン選手権大会の撮影をするので、それをネタにしたいところだが、明日(12月11日未明以降、たぶん)に別ブログ『IKEDA HIROYAのとりあえずブログ』で観戦レポートをアップする予定。
こちらのブログのほうは手が回らないので、今日までに書き貯めたのを小出しにアップいたしマス(笑)。

ということで、またまたオールドフィッシングタックルシリーズに戻りマス。
ワタシの過去に買ったオールド「ラパラ(RAPALA)」ルアーは2個だけではなかった!

過去のエントリー:オールド「ラパラ」ルアー

物置を物色していて出てきたのがこれら! ケースも一緒に出てきたので、それも紹介。


 


まずはシンキング・ラパラ(SINKING RAPALA)CD-11 B
カウントダウン11cmのブルー。当時の定価1,550円で販売価格1,300円。Made in Finland。
バルサ素材で作られていて、腹部に鉛を仕込んだタイプ。
ラパラお得意の口紅付き。1978年かそれ以降のあたりのモノ。
フックとリングがそれなりに錆びておりマス。


 


続いてハスキー・ラパラ(HUSKY RAPALA)H-13 SD
SD(カラー)はシャッドの略のようで。定価&販売価格1,700円。
憧れのトリプルフックモデルを実は手に入れていたということで。
当時のカタログによると、フローティング・ラパラよりも太めに仕上げたバルサ製で、遠投が効き(10.5g)、サーフ・船上からのスズキ、カツオ、マグロ、シイラや湖水での大物を対象としたルアー。もっともワタシはそのような大物に出会ったことがないけれど(爆)。
というか、リングやフックが全く錆びておらず、1回も使っていないかのような・・・?


最後に、ケースと一緒に出てきたラパラのリーフレットもご紹介。




1978年当時のラパラの6種類について、それぞれ特徴や釣り方を解説したり、全アイテムのサイズ、カラー、価格の一覧表も掲載。

さらにラパラ愛用者プレゼントとして、フィッシングナイフやキャップ、ワッペンが毎月300名に当たるというプロモーションを行っていた。
この説明書の表紙を郵送するのだが、ワタシはフィッシングナイフとワッペンが当選した! 
フィッシングナイフはかなり切れ味が良かったが、人差し指側の滑り止めがなく、切ってしまいそうであまり使わなかった(笑)。このナイフは紛失。
ワッペンタラスブルバのロールアップスリーブシャツの胸に貼り付けて、高校時代はよく着ていたものだが、こちらはさすがに捨ててしまった。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

tag : フィッシングタックル ラパラ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ