パナソニック LUMIX GH2 のバドミントン動画撮影から連続写真

第64回 全日本総合バドミントン選手権大会でのパナソニック LUMIX DMC-GH2 での撮影、まだまだ続きマス(笑)。
今回は「SHモード」での失敗を反省し、動画撮影機能を利用して連続写真に合成。



今回もまたモデルはサンヨーの廣瀬栄理子選手、それに後ろ姿の今別府香里選手。つまり女子シングルスの決勝戦でゴザイマス。廣瀬選手の天井サービスを撮影。

画像処理としては、Motion JPEG で動画撮影したムービーファイルから静止画像(68枚)を切り出し、それぞれを Photoshop レイヤーに個別に取り込み、シャトル以外をレイヤーマスクで消して合成している。

シャトルの放物線が左右対称でないのは、落ちてくるときに少しカメラを右に振ってしまったから。三脚で固定していれば綺麗な放物線になったものと思われる。
秒30コマで撮影しているので、約2秒かかっていることになる。

それにしても、落下するときはほぼ等速で落ちているのに対し、ヒットした直後はシャトルの画像が流れているし、間隔も広く、相当な速度で移動していることがわかる。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX GH2 14-140mm バドミントン


コメントの投稿

非公開コメント

No title

これいいですね。
因みにこの1枚を作成するのにどれぐらいの時間がかかるんですか?

Re: No title

fomaさん、毎度です。廣瀬選手ネタで喰いついてくれましたね(笑)。

この画像を作成するのにかかったのは大体1時間半から2時間ぐらいですかねぇ。
ビデオ画像から1コマずつスクリーンショットを撮って、さらに余分な部分をトリミングするのに制作時間の半分ぐらいの時間をかけてしまいましたが、Photoshopの「ビデオフレームからレイヤー…」という操作をすればこの無駄な作業は30秒程度で終わっていたかもしれません(爆)。
シャトルだけ抜き出す作業は慣れるとすぐにできるので、60数コマの単純作業の繰り返しという感じです。
本当は今別府選手がシャトルを打つ瞬間の(一番最後の)画像にしたかったのですが、カメラを動かしてしまい、周りの背景が最初の画像とずれてしまい、収拾がつかなくなってしまったので、廣瀬選手が打った瞬間の今別府選手の(一番最初の)画像を残しています。

まぁ、そんなわけで、暇つぶしの1枚でございます(笑)。
プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ