『Badminton MAGAZINE』2011年02月号

Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2011年 02月号 [雑誌]Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2011年 02月号 [雑誌]
(2011/01/22)
不明

商品詳細を見る



『Badminton MAGAZINE』2011年02月号


表紙はやっぱり日本ユニシス 靍橋礼華・松友美佐紀ペア。ごっつぁんスマッシュ直前のシーン。日本リーグ最終戦での1ショットと思われる。松友選手本人が気に入るかどうかは別にして、イイ写真だと思う。


巻頭特集は「日本リーグ2010 日本ユニシスが史上初のアベックV!」
ワタシも東京まで最終戦を観に行ったので、この記事は興味深く読んだ。記事と自分の感想との違いを感じるのが楽しい。
ただ、記事の中にボブ・ディランの歌を引き合いに出すのは過剰演出(笑)。
掲載写真については、優勝を決めた日本ユニシスの写真は男女とも押さえるべきところを押さえているという感じでナカナカ。
2位以下のチームについては、“選手が写っています” 程度か。まぁ、プロのカメラマンは一通り全試合・全選手を撮らなければなりませんからなぁ。


ちなみにワタシの観戦レポートはコチラ(IKEDA HIROYAのとりあえずブログ):
2010.12.25 バドミントン日本リーグ東京大会(第1日目)
2010.12.26 バドミントン日本リーグ東京大会(第2日目/前編)
2010.12.26 バドミントン日本リーグ東京大会(第2日目/後編)
かなり偏ってマス(笑)。


「技術スペシャル2011」
PART 1 は「オーバーヘッドからの配球術<後編>」。
廣瀬栄理子選手のコメントで「まるで歩くときのように、何も意識しなくても体が動くようになれば・・・」という件があり、やはり基礎練習は重要だと再認識。
PART 2 は「連続写真でトッププレーを学ぼう 後藤愛のレシーブ」。


「15歳、奥原希望の強さの秘密。」
扉ページを見て男子かと思ったら、奥原希望サンは女性だったのですネ。失礼!(笑)。髪の毛が短めだったので・・・。
さて、本人に対するQ&Aはさておき、続く練習内容を紹介するパートでは、手首の使い方の重要性を説いていて、ワタシ的には大いに参考になりそう。動画ではないので、読み解くのにちょっと時間がかかりそうだけれど。


「胡山喬式 3時間必勝マニュアル vol.22 ショットを通じてグリップの握り方を学ぼう」
こちらは手首ではなくグリップの握り方に関する解説と具体的な練習方法。勉強になりマス。まぁ、実践しないと意味ないのだけれど(笑)。


「バドミントン・ダイナミックストレッチ 第13回 お尻ともも裏を活性化する!」
このページはワタシのお気に入りで毎号コピーしていつでもここだけ見られるようにしている。移動を伴わないストレッチはテレビを見ながらでも実践できるので。実際は言うほどやってないけれど(爆)。


「日本代表通信 今別府香里」
この正月には実家で振り袖を着たり、4人姉妹でスリッパバドミントントーナメントをしたそーな。どんなプレーが展開されたのか、見てみたかった気がする(笑)。


「2011展望企画 日本代表が始動。 ~ロンドンまでの道のりをうらなう」
ナショナルチームのメンバーリストを見たら、混合ダブルスは「池田信太郎・潮田玲子(日本ユニシス)」となっていて、「ヒラマエじゃないのね・・・」と思った。ヒラマエはそれぞれ男子ダブルス・女子ダブルスで登録されているし、イケシオは全日本社会人で優勝という結果を出しているので、(全日本総合で優勝できていなくても)まぁこういう人選になるのだろう。
潮田玲子選手のブログ「2011 JOCシンボルアスリート」に選出された旨が書かれていたが、代表選手に選出されなかったらどうすんだろう???と思っていたところ。
なお、「2011 JOCシンボルアスリート」は潮田玲子選手を含めて13選手・チーム。

JOC NEWS:【おしらせ】2011JOCシンボルアスリートの決定について


「リレーコラム チェンジ・エンズ 113 視聴者にバドミントンの映像が届くまで」
今回は(株)ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング 編成部 編成企画チームの高麗清氏がバドミントンゲームを放送する舞台裏を紹介。
昨年末行われた日本リーグ・墨田区大会ではテレビカメラ7台、中継車・機材車合計5台、番組制作に関わるスタッフは総勢30名にものぼるとのこと。なかなか大変ですな。


「ズバッと解決!? 小椋久美子のバドミントン なんでも教室」。今回は “パートナーとの実力差”
毎回、プレーヤーのメンタル面に関する回答が、小椋サン本人の人柄が感じられてなかなかイイ感じ。
今回の質問内容は、ワタシもよく感じることなのだが(笑)、小椋サンのポジティブな考え方がなかなかヨイ回答になっていると思った。



『Badminton MAGAZINE』2月号はこんなところで。

スポンサーサイト

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

tag : バドミントンマガジン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ