『ダイワ ルアー・フライ』


『ダイワ ルアー・フライ』(ダイワPR研究所/950円/昭和54年初版発行/A5判/288ページ)。これもウチの古い書棚から出てきたモノ。

釣り具メーカーが書いている本なので、当然ダイワの製品ばかり出てくるのだが、当時ブームとなったルアー&フライフィッシングの基礎を丁寧に解説している。掲載写真をよく見ると、ダイワ製品およびダイワが輸入販売している以外のルアーなども写っていたりする。そのあたりは今と違っておおらかな感じかな?


これはスピニングシステム。リールはファントムGX-4とSS700が掲載されている。



スピンキャスティングシステムでは、ハイキャストGS-20、GS-30、GS-40が掲載。



ベイトキャスティングシステムでは、ファントムSM-2、ミリオネアSS-5000が掲載。ミリオネアはアンバサダーのパクリだと思うが、当時買おうかどうか悩んだ記憶がある。



フライフィッシングアイテムとしては、ファントムPCF-856、908、806 の3本のロッドとファントム#805、#806、#807のリールを紹介。

これらはあくまでシステムの紹介で、製品紹介は本の後半に。



キャスティング方法も掲載。上記写真ページ以外にもサイドキャスト、バックハンドキャストなど、かなり丁寧に解説されている。



タックルボックスはオールドパル社製品、レーベル社製品も紹介されているが、木製タックルボックスなんてものがあったのですなぁ。



本書後半では自社製品のPR。まずはダンサー、ハーレー、ファントム。ハーレーってアブ社トビーのパクリですよね?(笑)。ほかにロビン、バルサマック、バルサミノー、バスジャッカー、コネリー、アタッカー、クルセイダー、プランガー、ツイスト、ブラッキー、トリッキーも掲載。



デュポン社のストレーン。釣り糸でございます。ワタシもストレーンの愛用者デシタ。



スィンフィン社のホッテントットは超有名ルアーだったように記憶している。これはダイワが輸入販売していたものだろう。ほかにスーパーシャイナー、ファッツオー、ウイグルワート、バスホッグ、チャグバグも掲載。


レーベル社のファーストバック。ほかにレーベルミノー、レーベルジョインとミノー、クランクベイトのミニR、ディープ・ミニR、サスペンドR、リングワームも掲載。


ほかにアルゴンキン社のウィローリーフ、ブレットン社のブレットン、マイヤー社のトニィー、パンサー、ミラー、ダイワオリジナルフライセットなども紹介されている。



自社でルアー・フライを販売していながら、自作ルアーの作り方、自作フライの巻き方を解説していて、あまり商売に走っていないところに好感が持てる。


本書の解説のメインターゲットフィッシュはバスおよびトラウトで、シーバス(スズキ)やウグイ、ブルーギルについても解説している。また、釣り糸の結び方やルアー&フライ用語解説もあり、これ一冊でルアー&フライはバッチリのバイブル的なものとなっている。また、全般に断言口調の解説がなかなか気持ちいい。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ