キヤノン EOS-1D Mark IV + EF70-200mm F2.8L ISで家ネコを撮影(駄作40)



画題:『もの想いに耽ってみる2』


「毎日エサを食べられるというのは、
 実は幸せなことなのでは・・・?」





撮影データ:
EOS-1D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS USM
200mm(35mm判換算260mm)で撮影
iSO800、1/3200秒、f2.8、評価測光





スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : ネコ


コメントの投稿

非公開コメント

見た!

見に来ました。
エサのありがたみもちょいとはわかってもらわないとね(笑)。
やはりネコにもニュースを見せるべきですか。

Re: 見た!

まぁ、ネコは人間よりタフですから、エサがもらえなければゴミを漁るとか、小鳥を捕まえるとかして生き延びるでしょう。
今回の被災者は避難所でじっと支援物資を待っていて、世界中から賞賛を得ていますが、見方を変えればほかの動物に比べてバイタリティがなくなったとも言えるかもしれません。

確かに。

あの災害なら実際自分も避難所で待つだけになるでしょうが、見方を変えればそういう風に見えますね。
だからと言ってどこをどう求めれば食にありつけるのか。

もともと今のシステムになっている以上、ネコのようにはいかないんですね。


・・・・思い出した。
子供達が小学校にいた頃、「小学校の教育に何を求めるか」というアンケートがあったんだけど、それに

「自分の力で生きる方法や、生きる意欲がもてる気持ちになれるようなことを学ぶ場であってほしい」

という意味のことを書いたな。
机上の勉強よりもそっちが大事やん、って。

うちの子たちは魚釣ったり、野菜作ったりはできるけど、果たしてこういうときに活かしてくれるかどうか。ネコには負けますね(笑)。

Re: 確かに。

文明のない状態では、狩猟生活。動物を捕まえたり、食べられる雑草を摘んだり。釣りは狩猟ですが、野菜づくりは文明生活でしょう。種をまいてから収穫までに時間がかかりますからね。

子供の頃、アケビを取りに行ったり、よもぎを摘んだ記憶がありますが、もはや食料はスーパーで手に入れる時代。食べ物に対するありがたみも薄れるなか、今回の災害は文明生活偏重への戒めを感じないでもありません。
いま、農業や漁業などの一次産業が低迷していますが、人間の生きる糧である食料を生み出す一次産業がもっと見直されるべきなのではないでしょうか。
プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ