『CAPA』2011年04月号

CAPA (キャパ) 2011年 04月号 [雑誌]CAPA (キャパ) 2011年 04月号 [雑誌]
(2011/03/19)
不明

商品詳細を見る




『CAPA』2011年04月号



「表紙」「裏表紙」佐藤ありさサン。
カワイイお嬢さんなのだけれど、今回の写真は今ひとつな感じ(失礼!)。



「決定的露出!!」
ワタシ的にはさほど参考にはならないけれど、初心者の方には参考になるかも。
デジタル時代になって、「キー設定」という項目も出てきており、時代の変化を感じマス。
ただ、測光方式の解説で、「「中央重点平均測光」「スポット測光」をMF一眼レフ時代からあるベーシックな測光方式」としながら、「多分割測光」をデジタル時代の測光方式のようにも読める文章は???。「多分割測光」の先駆けはニコンFAというMF一眼レフでございます。当時ニコンでは「マルチパターン測光」と呼んでおりました。まぁ、細かいところですが。



「EOS 7D でバレーボールにアタック!」
NECレッドロケッツ vs 岡山シーガルズの試合での作例。レンズは EF70-200mm F2.8L IS II USM と EF400mm F2.8L IS USM。
作例は特別面白くもなし(失礼!)。これからバレーボールを撮りたいという人には参考になるかも。



「今年の桜は艶やかに撮る」
15ページの特集。ワタシ的にはスルーだけれど。



「やっぱりスナップがイチバン面白いのだ!! スナップを撮ろう!!」
62ページの大特集。こちらもページほどの良さは感じないが(笑)。



「CP+2011に見る2011年カメラ予報!!」
CP+2011で発表されなかった製品についての予測という切り口が面白い。まぁ、内容はネットでウワサされているものばかりだけれど(笑)。



「CP+2011で見つけた! あんなMONO こんなMONO」
モノクロ4ページながら、このあたりが編集の腕の見せ所。フォトネイル、マクロリングストロボ、ハッセルブラッドーニコンマウントアダープターなど他誌が取り上げていないアイテムを紹介していて面白い。



「西平英生の交換レンズ完全ガイド」
今回は大口径単焦点レンズということで、チョイスされたのが次の4本。
シグマ 85mm F1.4 EX DG HSM
ニコン AF-S ニッコール 85mm F1.4G
ニコン AF-S ニッコール 35mm F1.4G
ソニー ディスタゴン T* 24mm F2 ZA SSM
西平氏はそもそも大口径単焦点レンズに対して否定的というか、むしろ1絞り程度暗いコンパクトなレンズを評価する人なので、少し割り引いて読まなければならないと思う。
で、シグマの85mmは★4つ。1つマイナスなのは大きさ・重さ(720g)なのだけれど、キヤノンの85mm F1.2L は1kgを超えるので、全然重くないと思うのだが(笑)。
一方のニコン85mmは★3つ。理由は画質ではなく価格。実勢価格17万9,100円はシグマの2倍以上。当然の評価か。
ニコン35mmは★3つ半、ソニー24mmは★4つ。マイナスポイントは価格。
わからんでもないけれど、暗めの単焦点レンズはズームに置き換わっている現在、メーカーとしては大口径でない単焦点レンズは売れないからつくらないのだろう。それでもあえて単焦点を、となると、高性能大口径レンズとなってしまうわけで、大きく重くなるのは当たり前。そのあたりを考慮すると、今回の評価はちょっと厳しすぎるように思う。



「馬場信幸のシンク・アウト」。今回は「将来性高い「電子ズーム」」
ソニーNEXの「プレシジョンデジタルズーム」を取り上げているわけだが、通常の「電子ズーム」よりも画質が良いという内容。ただ、なぜそうなのかが解説されておらず、不満が残る。




『CAPA』4月号はこんなところで。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : CAPA


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ