ガラスの塊 EF85mmF1.2L USM

EF85mmF1.2L USM



DATE: 01/27/2008 21:49:07(他ブログからの引っ越しです)

ポートレイトの定番レンズ。ピントの合っている部分はすこぶるシャープ、合っていない部分はまろやかにボケるという。

すでに後継機のEF85mmF1.2L USM II http://web.canon.jp/Camera-muse/camera/lens/ef/fix/data/2006_ef_85_f1.2_II_usm.htmlが発売されている。デジタル対応のコーティング、円形絞りの採用、CPUの変更によるAFスピードの高速化が改良ポイント。だが正直言ってあまり改良ポイントとしては大したことがないと思った。古い方もコーティングがそんなにひどいとも思わないし、絞りも開けていればそんなに変わらないし、AFスピードが最大1.8倍になったといってももともとが遅すぎたので、II型を欲しいとは思わず、むしろII型の発売によって値段の下がったI 型を買う方がいいと思った。ちなみにこのレンズは1989年の発売。かなり設計の古いレンズ。

とはいえ、マップカメラではI 型でも大体145,000前後。これではあまり中古を買う意味がない。そんな折、中野のフジヤカメラのHPで11万円ちょいで中古が出たので即、買いに行きました。モノを見ると外観は綺麗に清掃されているものの結構使い込まれている。フードとレンズキャップ以外は何もなし。だがレンズは無傷だったので買うことに。この手のレンズは一回間を置くとなくなってしまうので、躊躇は禁物。

このレンズ、EF50mmF1.0L USMとかなり似ている。若干長くなっているが、ぱっと見は分からないと思う。50mmの方が985gに対してこちらは1,025g。1kgを超えています。まさにレンズの塊。レンズ構成は左右対称系のガウス型。第3レンズが研削非球面。

さてさて、いったいどんなボケ味の写真が撮れるのか・・・。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : EF85mmF1.2L


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ