2011.05.22 シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM でポートレート実写(キヤノン大撮影会 in 名古屋)

日曜日、『キヤノン大撮影会 in 名古屋』に行ってきた。いわゆるポートレートの撮影会。

キヤノンのサイト:2011年 キヤノン大撮影会 in 名古屋

この手の撮影会は苦手なのだけれど、シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM のテストをしたかったのと、知り合いの講師先生に久しぶりに会いたかったから。

会場は愛知県森林公園。自宅からはクルマで2時間ほどのところ。開園は9時。受付は9時20分から。なのだけれど、前日の深酒で朝6時の目覚ましを止めたあと、二度寝(笑)。再び目覚めたときは9時過だった(爆)。
慌てて出発したものの、現地に到着したのが11時半過ぎ。さらに駐車場から受付に行くのに道を間違えて大回りしてさらに時間を食ってしまった(笑)。
そんなワケで撮影部隊のところにたどり着いたら丁度午前の部が終わる12:15。知り合いの講師先生と出会えてしばらく話をさせてもらったけれど、その後13:45までヒマを持て余す。

さて、今日のテーマはシグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM でポートレート実写ということで、本当はキヤノン EF300mm F2.8L IS USM を借りて比較したかったのだけれど、ワタシが受付にたどり着いた時点では雨天のため貸し出し中止になっていた。


なお、天気は最悪で午前中はかなりザーザー降りになっていた模様。ワタシは車中だったけれど。
午後の部も小雨でスタート。降ったりやんだり。15:15に午後の部が終了すると雨が完全にやんだけれど(笑)。
 


ちなみに今日のアイテムはつぎのとおり。

キヤノン EOS-1Ds Mark III
シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM
キヤノン EF24-70mm F2.8L USM
キヤノン スピードライト 580 EX II
● CFカード
● 雨具(カッパ)
● レインハット(写真ナシ)

さすがにシグマ新120-300mmを1本だけというわけにはいかなかったけれど、ポートレートでレンズ2本だけというのは初めて。とはいえ、24mmから300mmまでほぼカバーできているので、なかなかイイ組み合わせ。実際は9割がたシグマ新120-300mm で撮影。モデルの全身を撮影するのに短焦点側120mmはキビシイときもあったけれど、300mmは結構使えた。


午後は魚住誠一先生について撮影。モデル2名がワタシ好みだったことと、魚住センセの軽妙なトークが好きだから。
魚住センセは3分ごとに撮影グループを入れ替えてみんながモデルを好みのポジションで撮影できるよう気配りしてくれたり、ジャンケン大会で勝った人にモデルを1分間撮影させたりとイベントっぽさも演出。また、撮影終了後の帰り道にオマケタイムでさらにモデルを撮らせてくれたりと盛り上げ上手。魚住センセについて良かったデス。
ちなみに魚住センセにはめざとくシグマの新120-300mmをチェックされて、「初めてこのレンズを見たよ」と言われたが、ちょっとウレシク思った。まぁ、キヤノンの撮影会で黒くてデカイレンズをつけていれば目立つだろうけど。

さて、撮影内容。天気が悪かったのでISO400をベースに、暗い場所ではISO800。
400枚ほど撮ったのだけれど、そのうちモデルの表情やフレーミングなど良かったものを93枚チェックしたところ、ブレなしのガチピンは17枚、まぁまぁは15枚、いちおう大丈夫なのは22枚と及第以上は54枚。自分の期待よりも歩留まり悪し。
落第コマはピンぼけも多かったのだけれど、1/500秒以上のシャッターでもブレのコマがあり、OSが安定する前にシャッターを切っていたのか? あるいは違う理由か? そんなわけで、レンズのOSがうまく機能していないというか悪影響を与えているのでは?と疑問に思ってしまった。ウデが未熟なのを機材のせいにするのはみっともないけれど、正直な感想。


また、背景ボケだが、以前書いたようにこのレンズはちょっとクセがある。開放がF2.8なので、背景が離れると大きくボケてくれるが、あまり離れない場合のボケはちょっと目障りに感じるケースもある。

「撮影した作品の他のフォトコンテストへの応募やホームページへの掲載を禁じます。」とあるので、モデルをモザイクかけさせていただきました。

上の写真の右上、ビニール傘についた水滴。開放絞りでは画面周辺でボケがネコの目のようになるが、これは口径食なので仕方のないところ。ただ、エッジが中央より明るいのが気になる。

ちなみに目にはばっちりピントが合ってマス。





別のシーンでは、背景がソフトフィルターをかけたような、ボケの中に芯があるようなケースもあり、面白いと言えば面白いけれど、このボケ描写は好みが別れるかも。


あと、シグマの120-300mmは新旧ともに周辺光量の落ちが目立つのだけれど今回の撮影では開放から気になることはなかった。どういうケースで落ちるのか、もう少しチェックしてみたい。

なお、カメラ・レンズにレインカバーをかけるなどして撮影される方が多かったが、ワタシは何も対策をせず、カメラもレンズも雨に濡らして撮影したが、撮影中・撮影後もレンズが曇るなどのことはなく、特に問題はなかった。


こんなところが今回のポートレート実写の実感。ポートレートでは背景のボケ描写にもこだわる人が多いと思うけれど、ちょっと微妙な感じ。ボケ描写を神経質に気にしないのであれば、シグマ新120-300mmは結構イイ感じ(ちょっと重いけど、70-200とサンニッパを持つより軽いし、遥かに便利)。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : シグマ 120-300mmF2.8 キヤノン EOS-1D


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
独特なボケ実というのが実感できる写真ですね
これは、好みの分かれる部分ですね

ピンイマイチのもので、理由が分からないって部分
気になりますね
OS安定前が原因か、それとも・・・なんでしょうか。

某評価ページで、中央は並外れて高解像度、周辺はちょっと解像度が落ちると言う評価でしたが・・・
見た目どうなんでしょうね、自分みたいな素人で分かるものなのか(笑

ところで、よく周辺とか中央とかって言いますが、画のどの辺り"まで"が中央域で
どの辺り"から"周辺になるのか・・・イマイチ分かっていません(笑

Re: No title

ノアールさん、まいどです。

某評価というのは新120-300のMTFグラフを見ての評価だと思いますが、横軸15mm以上のところで30本/mmの同心円方向の曲線がだんだん落ちていることを言っているのでしょう。
ただ、ワタシは実写上全く問題にならないレベルだと考えています。
シグマの中で好評価な24-70mm F2.8 HSM、85mmF1.4、70-200mm F2.8 OSのMTFは新120-300よりもグラフの曲線が下に下がっているはずです(シグマのサイトでご確認ください)。
ただし、キヤノンのサンニッパ、ヨンニッパはグラフが「天井に張り付く」画質なので一段違いますが(笑)。
また、ノアールさんのようにAPS-Cカメラをお持ちの方の場合はグラフの横軸15mmより右を無視していいので、グラフから読み取る場合、全く画質を心配する必要はないと言えます。
なお、中央・周辺を厳密に考えたことはありませんが規定なんてあるんでしょうかね?
ワタシはなんとなくですがMTFで言えば横軸5~10mm程度までが中央、15~20mmあたりが周辺、20mmより右が四隅という感覚です。

とはいえ、ワタシの実写結果はご覧のとおりで、イマイチすっきりしない状況です。
またいろいろとテストして原因追及したいと思います。

No title

なるほど、ありがとうございます
良く、解像度がエクセレントとかグットとかで言いまわされていて
素人考えにエクセレントなら良いんだろうと思ってしまいがちで、情けない・・・

どうも、あの手の評価ページは、高級レンズと比較がちで
シグマファンにはつらいです(笑

中央や周辺と昔から良く言葉が出てくるのですが、何処にもここから周辺とか
書いてあるところは無いんですよね
竹千代55様の言うとおり定義なんて無いのかもしれないですね

Re: No title

ノアールさん、

評価ページの評価がフィールドなどでの実写画像を元にしたものなのか、テスト画像を撮った上でのものなのか、単にMTFを読んだだけなのかは気をつける必要があると思いますが、ご覧になったのは Photozone のレビュー(デジカメinfo)かな?
エクセレントはもちろん結構ですが、グッドでも良いのでは?

シグマの新120-300はじゅうぶん高級レンズだと思いますが、キヤノンのサンニッパ、ヨンニッパは「超」高級レンズということで(笑)。

No title

まさしくPhotozoneです(笑

はい、この新120-300は十分な性能を持っていると思っています
このページの目の写真など見てもわかります。
テレコン使用時も滲み少ないし、シャープですものね

飛行機写真でも、A4でプリントはまれで、ほとんどが2Lなので
まったくと言って良いほど、この120-300は自分には十分すぎるレンズです(笑

再入荷が6月半ばと言うことで、手元に来るのが凄く楽しみです

以前から色々とすみません。

Re: No title

ノアールさん、

やはりPhotozoneでしたか(笑)。

カメラもレンズも買うか買わないか悩んでいたりしているときが一番楽しいのでは?(笑)。
ところで「手元に来るのが凄く楽しみです」ということは、すでに予約済み???

No title

予約済ですっっ

あれこれと決めている悩んでいるときが、楽しいですよね。

Re: No title

ノアールさん、

そうですかっ! 決断されましたかっっっ!
では今が一番楽しいときですね。
このレンズが手に入ったらあんな構図で撮りたいとか、こんなシーンを撮りたいとか、いろいろ妄想してください(爆)。

入選おめでとうございました

始めてコメントします。同郷の様ですね。
撮影会、私も午後の最後20分から魚住誠一先生の所でした。

120-300mmはAF速度はどうでしょうか。私は重すぎて腕が震えそうです。

Re: 入選おめでとうございました

グーとモコさん、初めまして。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
撮影会、同じ魚住誠一先生のところでしたから、すぐ横にいたかもしれませんね?(笑)。

120-300mmはAFは普通に速いと思いますよ。不満はありません。重いのは確かですが、ヨンニッパに比べればオモチャのようなもの(笑)。

ときにタイトルはワタシの作品のことでしょうか? ワタシはキヤノンサークルの会員ではないので、現時点では入選の有無がワカリマセン(笑)。

Re2: 入選おめでとうございました

失礼しました。
8/21にCanonの会報が届きまして知りました。
まなざしと言うタイトルでモノクロ写真。私の不得手なローキーな写真ですが、当WEBから間違いないと判断致しました。
近日中に、クロネコヤマトの宅急便でトロフィーと会報誌が届くはずです。拙宅にはまだ届いていません。

もし、間違っていましたら大変失礼な事です。ご無礼をお許し下さい。

Re3: 入選おめでとうございました

グーとモコさん、こんにちは。

『まなざし』というモノクロ写真はたぶんワタシです(笑)。
キヤノンのWEBサイトでいまだ発表されないのでワタシはまだ確認ができないため実感が沸きませんが。
グーとモコさんも入賞されているわけですね。おめでとうございます。
会報が届くのが楽しみです。
プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ